秦野版 掲載号:2016年4月2日号 エリアトップへ

嶽神社の神輿 担ぎ棒を60年ぶりに新調

文化

掲載号:2016年4月2日号

  • LINE
  • hatena
真新しい担ぎ棒を前に
真新しい担ぎ棒を前に

 嶽神社(秦野市西大竹281の1)の神輿の担ぎ棒が約60年ぶりに新調され、3月26日に同神社で奉納式が行われた。

 昨年4月に開催された同社例大祭の神輿渡御最中に、4本ある担ぎ棒のうち縦棒1本が根本から真っ二つに折れてしまったという。原因は老朽化だった。

 担ぎ棒の損傷を知った氏子の高橋一郎さんが、「次世代の担ぎ手のために」と4本新調し奉納した。

 神輿の管理を行う西大竹太鼓連の多田肇会長は、「約60年ぶりに新調していただき会員一同大変感謝している。今年の祭りが盛大に開催されることを祈ります」と話している。嶽神社例大祭は4月9日(土)に開催され、午後1時からの宮出しで、新調された担ぎ棒を組んだ神輿が初披露される。

裏山を「ぼくたちの森」に

 奉納式後、嶽神社裏山では、同社氏子や同太鼓連メンバー、子供会会員ら約60人が参加し、ヒノキなどの植樹が行われた。

 もともと「ヒノキの杜」といわれていた同裏山。しかし、枯れ木が目立つようになり倒木したら危ないと、整地して植樹することが決まった。

 植樹されたのは、ヒノキ200本や本榊など。さらに、「四季を感じられるように」と河津桜やイロハモミジ、ツバキなども一緒に植えられた。

 嶽神社氏子総代の高橋洋さんは、「子どもたちと一緒に植樹することで”ぼくたちの森”と愛着を持ってもらえる。20年後、30年後も大事にしていってもらいたい」と話した。

植樹を共同作業で進める関係者
植樹を共同作業で進める関係者

秦野版のローカルニュース最新6

秦野たばこ祭2021 各地でメモリアル展示

小中学校等の短縮日課を継続

【Web限定記事】

小中学校等の短縮日課を継続 教育

緊急事態宣言延長に伴う秦野市内の小中学校等の対応

9月17日号

秦野事件簿

【Web限定記事】

秦野事件簿 社会

8月22日〜9月4日

9月17日号

秦野市立東公民館で写真展

【Web限定記事】

秦野市立東公民館で写真展 社会

「あなたが選ぶこの一枚」

9月17日号

ランチタイムコンサート「律の調べ」

【Web限定記事】秦野 最新ライブピックアップ

ランチタイムコンサート「律の調べ」 文化

東海大学前駅 ライブレストラン ミッシェル

9月17日号

上級者6人のピアノ演奏

上級者6人のピアノ演奏 文化

10月3日 クレッセントコンサート

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook