秦野版 掲載号:2016年4月9日号 エリアトップへ

スポーツ協会が設立 体育協会と振興財団を統合

社会

掲載号:2016年4月9日号

  • LINE
  • hatena

 「秦野市体育協会」と「公益財団法人秦野市スポーツ振興財団」が統合、4月1日付けで「公益財団法人スポーツ協会」が設立された。

 今まで市民スポーツの振興を担う団体は、主に市民へのスポーツ普及振興を行っていた「公益財団法人秦野市スポーツ振興財団」と、主に競技スポーツを担っていた「秦野市体育協会」の2つが市内に存在していた。3月31日に現行の体育協会は解散、同日にスポーツ振興財団の役員が全て退任し統合、スポーツ協会となった。

 同協会では、4月2日に評議員が選定され7日に理事を選出。今後理事会を開催し、会長・副会長・専務理事が選任され、今月中旬以降から新体制としての運営となる見込み。

「市民がより参加できるものに」

 市内では健康づくり課や障害福祉課など、色々な部署によりスポーツイベントなどが開催されており、情報の共有化、一元化を目指して「秦野のスポーツ施策のあり方協議会」が昨年度に開催された。その中で、2団体の一元化を図ろうという方向性も決定。スポーツを取り巻く環境の変化などにより、市民が参加しやすい体制作りのため、両団体が統合に向け調整をしてきた。市の「スポーツ推進計画」をもとに行政と連携・共働していく。

 体育協会は1955(昭和30)年にかながわ国体が開催された際に立ち上げられ、昨年で60周年を迎えた。同会遠藤五夫会長は「人口減少や生活様式の変化によりニーズは多様化している。秦野のスポーツを盛んにし、健康に寄与できる団体となっていければ」と思いを寄せた。

 またスポーツ財団は96(平成8)年に再度神奈川で国体が開催された際に設立。今年で20周年を迎えた。落信久理事長は「スポーツは競争型から交流型に変化してきている。市民がより参加できるものになる。また運営も行政でなく市民が中心となっていく」とコメントした。統合したスポーツ協会は川崎市に次いで県内で2例目。

秦野版のトップニュース最新6

新品種イチゴ 秦野も生産

新品種イチゴ 秦野も生産 社会

神奈川ブランド「かなこまち」

1月28日号

高橋氏再選果たす

秦野市長選

高橋氏再選果たす 政治

投票率過去最低の36.24%

1月28日号

総合相談に全社協表彰

秦野市社協

総合相談に全社協表彰 社会

『きゃっち。』と基金運用に評価

1月21日号

パイプオルガンを導入

パイプオルガンを導入 文化

本町の秦野聖ルカ教会

1月21日号

秦野にもゆかりの地

鎌倉殿の13人

秦野にもゆかりの地 文化

県が特設ページで紹介

1月14日号

通年会期制を導入

秦野市議会

通年会期制を導入 政治

1月1日からスタート

1月14日号

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook