秦野版 掲載号:2016年4月23日号
  • googleplus
  • LINE

昨年の全国選手権で優勝したFMXライダー 原田 かけるさん 市内堀西在住 15歳

憧れ胸に 目指す高み

 ○…4歳でバイクにまたがり、10歳ではじめたフリースタイルモトクロス(=FMX)。「安定の2位」と言われ、表彰台の最上段に立つことは今までなかった。しかし昨年末に行われた全国選手権で、観客やジャッジをどよめかせる大技を決めて、念願の初優勝を果たした。ガッツポーズを決め「家族や友人、スポンサーみんなに、とにかく感謝」と喜びを語る。

 ○…広島で生まれ、大自然の中で駆け回る幼少期を過ごす。父の転勤で、FMXコースの多い関東へと引っ越してきた。平日は学校、週末は練習遠征。帰ってきて整備をして翌週末の遠征に備えるというバイク漬けの毎日。それでも「丹沢の稜線を見ると、あそこを走ってあそこで飛んで…」と常日頃イメージするのはFMXのことばかりだ。友人と遊んでいても「ママチャリで飛んだら、着地の衝撃でホイールを曲げてしまって親に絞られました」と無邪気に笑う顔は、まだあどけなさを残す。

 ○…FMXは練習できる場所が福島、茨木、愛知など限られており、自然と競技者どうしが仲良くなる。その中でも幼いころから面倒を見てくれ「先輩で、先生で、兄」と慕ってきた、世界で活躍する2人のライダーの存在が励みになっている。遅くまでつきっきりの練習をしてくれることも多々あった。試合時にユニフォームとして身に纏うのは、タンクトップとハーフパンツ。どちらも憧れる先輩のトレードマークだ。

 ○…中学に直談判し、文化祭でFMXについての発表とブースを確保したことも。「知ってもらうことが競技の向上に繋がるから」と語る眼差しはアスリートそのもの。先輩が背中で教えてくれたことだ。背を追いながら、まずはディフェンディングチャンピオンとして再びの栄光を目指す。「自身も楽しんで、観客を沸かせてナンボ」という先輩の教えを胸に、毎週末愛機に火を入れ、高みを目指して宙に弧を描く。

東光苑

サラダブッフェ、土・日曜も含めて毎日実施。特選ランチメニューをリニューアル。

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6件

五月(さつき) 千都弥(せんつや)さん

4月22日、文化会館で20周年公演を開催する日本舞踊五月流「みやこ会」会主の

五月(さつき) 千都弥(せんつや)さん

4月13日号

村山 英彦さん

秦野警察署長に就任した

村山 英彦さん

4月6日号

鈴木 弓弦さん

秦野サブカルチャー祭実行委員会の委員長を務める

鈴木 弓弦さん

3月30日号

國松 基祥(もとよし)さん

3月30日文化会館で子どもたちのショーを開く「Link」の代表を務める

國松 基祥(もとよし)さん

3月23日号

清水 優譲(まさのり)さん

野外劇『実朝出帆』の主演・源実朝役を演じる

清水 優譲(まさのり)さん

3月16日号

八木さんの論文掲載

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク