秦野版 掲載号:2016年9月29日号
  • LINE
  • hatena

市立図書館 谷鼎が詠んだ秦野の風土 生誕120年記念展示を開催

文化

谷鼎 —たにかなえ—[プロフィール]1896年生まれ。歌人として頭角を現した後も秦野の風土に根差した和歌を多く残し、市立西中学校などの校歌の作詞も手掛けた。秦野市内には4カ所に歌碑がある。
谷鼎 —たにかなえ—[プロフィール]1896年生まれ。歌人として頭角を現した後も秦野の風土に根差した和歌を多く残し、市立西中学校などの校歌の作詞も手掛けた。秦野市内には4カ所に歌碑がある。
 秦野にゆかりのある、歌人であり国文学者の谷鼎(かなえ)。今年は生誕120年に当たり、秦野市立図書館では記念展示「谷鼎のまなざし―社会を詠う・農を詠う―」を開催している。

 谷鼎は千村で幼少期を過ごし、西秦野村立尋常高等渋沢小学校を卒業。京都帝国大学を卒業後東京で教職を務めながら、和歌研究を重ね歌人としての頭角を現していった。1945年には空襲を機に秦野に戻り、郷土の文化や風景を詠んだ作品を多く生み出した。晩年には秦野市立西中学校の校歌の作詞も手掛けている。現在の市内には、渋沢駅南口など4カ所に歌碑が建立されるなど谷鼎の功績が残されている。

 記念展示では、同図書館や関係者が所蔵する資料87点が集められた。歌集「伏流」や「青あらし」、和歌研究書「古今和歌集評解」や「定家歌集評釈」などの他、直筆の短冊や掛け軸、愛用品などが並ぶ。

 場所は同図書館2階の前田夕暮記念室。期間は12月25日(日)まで(月曜休館、祝日の場合は翌日)。入場は無料。

 問い合わせは秦野市立図書館【電話】0463・81・7012へ。

秦野縁の資料が並ぶ会場
秦野縁の資料が並ぶ会場

秦野版のローカルニュース最新6件

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

〜治癒を目指し専門医の治療を〜

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

12月14日号

福を集めるミニ熊手が完成

逆走車に事故懸念の声

東海大駅前でツリー点灯

秦野ドリームスが優勝

コミタク乗車で特典

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク