秦野版 掲載号:2016年10月22日号 エリアトップへ

「Kazuho Monster」としてダンス活動をする 堀野 一穂(かずほ)さん 平沢在住 21歳

掲載号:2016年10月22日号

  • LINE
  • hatena

世界へ挑戦するモンスター

 ○…地面を滑るように動くムーンウォーク。身体を自由自在に動かし、多彩なダンスで観客を魅了する。8月には相模原で行われたムーンウォーク世界大会でも優勝した。ダンサー名の「Kazuho Monster」という名前は、ダンス界で「怪物」と呼ばれるほどビックになりたいという想いでつけたという。

 ○…幼少期から原因不明の発熱で入退院を繰り返していた。中学で回復したが、大学受験を控えた時期に再発。志望校の試験が受けられなくなり「ショックでした」と振り返る。しかし、そこで人生の転機が訪れた。布団の中で偶然開いたダンスアーティスト・上野隆博氏のパフォーマンスを映した動画…それに衝撃を受け、玉川大学合格後に上野氏が主宰するスタジオへ。師と仰ぎ、本格的にダンスの道に進み始めた。

 ○…ダンスの本場「ニューヨークに行きたい」という夢が現実味を帯びたのは昨年のこと。実際に現地のダンスに対する熱を肌で感じた。大学卒業を控え、今年からは資金集めとして毎日渋谷でストリートダンスを行うようになり、技術を磨きながら「どうすれば見てもらえるのか」を研究する日々。「自分のパフォーマンスを見て『これで明日も生きられるよ』と言ってくれる人がいる。それが本当にうれしい」。普段は大人しいタイプだが、ステージに上がるときは「自分が世界一だ、と思っています」とキッパリ。そのくらいの自信を持たなければお客さんに見せる価値はない、とプロ意識を覗かせる。

 ○…趣味は囲碁。実はプロを目指していたという腕前だ。CMやクロネコヤマトの宅急便40周年企画動画のダンサーとして、また11月にはモデルとしても出演が決まり、活動の幅を広げている。夢はニューヨークの舞台で一流ミュージシャンのバックダンサーとして踊ること。「自分の存在を知ってほしい」。夢を実現するため秦野の『怪物』は世界へとステップを踏む。

新春キャンペーン

はたの校リニューアル記念 指定用品3点プレゼント

http://www.champion-sc.co.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

勝間田 兼二さん

秦野駅長に就任した

勝間田 兼二さん

大井町在住 56歳

7月1日号

吉野 詩織さん

7月9日に「インハイ」を実施する学生団体E4の代表を務める

吉野 詩織さん

秦野総合高校3年 17歳

6月24日号

板倉 久士さん

丹沢で歩荷として山小屋に荷揚げを行う活動している

板倉 久士さん

YAMA CAFE(戸川)勤務 45歳

6月17日号

多田 敏子さん

丹沢アートフェスティヴァルのスタッフとして支えた

多田 敏子さん

河原町在住 50歳

6月10日号

山口 浩さん

今年5周年を迎える「ぱれっと・はだの」の業務執行理事を務める

山口 浩さん

沼代新町在住 60歳

6月3日号

岩渕 浩二さん

秦野警察署長に就任した

岩渕 浩二さん

秦野市在住 53歳

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第10回・ラーメンでお客様を笑顔に

    7月1日号

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員 秦野市議会6月第2回定例会  一般質問

    古木勝久(3期目)

    7月1日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第9回・ついに開店「なんつッ亭」

    6月24日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook