秦野版 掲載号:2016年12月1日号 エリアトップへ

シクラメン 出荷期迎える 県内シェア上位の特産花

経済

掲載号:2016年12月1日号

  • LINE
  • hatena
出荷前に葉を揃える新一さん
出荷前に葉を揃える新一さん

 冬の贈り物としても人気のシクラメン。秦野市は神奈川県でトップクラスの出荷量を誇り、市の特産品とされている。市内の生産農家では出荷がピークを迎える12月を前に、入念な手入れ作業が行われている。

 秦野市今泉の冨田花園(冨田茂靖社長)は、県内でも出荷量上位のシクラメン農家。約50品種4万5000鉢を栽培しており、現在、温室内では色鮮やかなピンク色や白色の花が咲き誇っている。色やサイズ、花弁の枚数が多い八重咲きのものなど多種多様だ。秦野で育種された八重咲きの「フェアリーピコ」も取り扱っている。

 日々の天候に合わせて扇風機を使い温度環境を調整するなど、管理に神経を使うというシクラメンの栽培。出荷前には、見栄えを良くするために葉の向きも1枚ずつ揃えているという。

 同園では、例年通り11月下旬から関東一円の生花市場などに出荷を開始し、12月に入るとピークを迎えるという。冨田社長の父親の新一さんは「例年通りの良い出来。ぜひ楽しんでもらいたい」と話している。

 秦野産シクラメンは、はだのじばさんずや市内生花店、市観光協会のネットショップなどで購入できる。

秦野版のトップニュース最新6

新品種イチゴ 秦野も生産

新品種イチゴ 秦野も生産 社会

神奈川ブランド「かなこまち」

1月28日号

高橋氏再選果たす

秦野市長選

高橋氏再選果たす 政治

投票率過去最低の36.24%

1月28日号

総合相談に全社協表彰

秦野市社協

総合相談に全社協表彰 社会

『きゃっち。』と基金運用に評価

1月21日号

パイプオルガンを導入

パイプオルガンを導入 文化

本町の秦野聖ルカ教会

1月21日号

秦野にもゆかりの地

鎌倉殿の13人

秦野にもゆかりの地 文化

県が特設ページで紹介

1月14日号

通年会期制を導入

秦野市議会

通年会期制を導入 政治

1月1日からスタート

1月14日号

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook