秦野版 掲載号:2016年12月10日号 エリアトップへ

なでしこ傾聴の会の会長を務める 藤村 冨士雄さん 下大槻在住 76歳

掲載号:2016年12月10日号

  • LINE
  • hatena

今を精一杯生きる

 ○…「無理をしないでできることをする。誰かの役に立つことなら何でもする」。自らのモットーとし、約40人の会員をまとめ、相手の悩みや寂しさを抱える人に真摯に耳を傾ける活動を行っている。普段は老人ホームやグループホームに出向くが、依頼があれば個人宅に行くことも。

 ○…1939年、東京都の神田で金物の卸問屋を営む両親の間に、8人兄弟の三男として生まれた。「決して裕福ではなかったが、仲は良かった」と懐かしげに語る。小学校1年生の時、戦争激化のため富山の高岡へ疎開、終戦後故郷へ戻ってきた。大学卒業後、東京都庁へ入庁。26歳で結婚し、1男1女を授かった。27歳のとき、家業を継いでいた兄から仕事を手伝ってほしいと言われ、都庁の職を離れた。最初は手伝うくらいのつもりでいたが、兄が病に倒れ、亡くなり全てを担うことになった。継いでからは苦難の連続で、「人生の転機だった」としみじみと思い返す。

 ○…2005年に、事業に失敗し、倒産に追い込まれた。「何もかも失い、借金だけが残った」と語る。以前購入していた熱海にあるマンションに引っ越したことが、「再び訪れた転機だった」と振り返る。65歳のとき、息子が住まいを探してくれ、秦野にやって来た。「山が見えるのはいいな」と第一印象を語る。シルバー人材センターに通い、清掃関係の仕事をした。傾聴の会に入ったことがきっかけで、知り合いも増え「住めば都だなと感じた」とにこやかに語る。

 ○…趣味は詩吟で、始めて10年になる。「覚えるのは大変だが、健康に良いし奥が深い。生涯現役でやりたい」と意欲を見せる。興味を持ったものには実際に出かけて見に行くほどのアクティブさを持ち、最近では映画「君の名は。」を見に行った。「今日という日はもう来ない。今、元気でいることを幸せだと思い、精一杯生きる」。その思いが揺らぐことはない。

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

莉玲(りれい)さん(本名:秋場莉玲)

手話ソングパフォーマーとして活躍する

莉玲(りれい)さん(本名:秋場莉玲)

堀山下在住 52歳

1月14日号

小野 莉愛(まりあ)さん

2022年秦野市新成人のつどい実行委員長を務める

小野 莉愛(まりあ)さん

本町在住 20歳

1月7日号

今野 翔さん

秦野青年会議所(秦野JC)の2022年度理事長に就任した

今野 翔さん

曽屋在住 39歳

1月1日号

佐藤 久美子さん

30周年記念作品展を行うキルトサークル「フラッグキルト」の代表を務める

佐藤 久美子さん

堀川在住 66歳

12月24日号

沼田 良雄さん

秦野市農業協同組合 青パパイヤ研究会の会長を務める

沼田 良雄さん

鶴巻在住 75歳

12月17日号

村上 瑞希さん

日本女子プロゴルフ協会のプロテストに合格した

村上 瑞希さん

曽屋在住 20歳

12月10日号

【おにのお面を作ろう】

1月13日・27日/0歳からの育脳教室くぼたのうけん秦野教室

https://www.kubotanouken-hadano.com

高橋昌和

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中学生の優秀作並ぶ

中学生の優秀作並ぶ

1月22・23日 中学校美術展

1月22日~1月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook