秦野版 掲載号:2017年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

アナグマを撮影 戸川・中村雄二さん

社会

中村さんが撮影したアナグマ
中村さんが撮影したアナグマ

 秦野市戸川で5月12日、戸川在住の中村雄二さん(74)がアナグマを撮影した。中村さんは午後2時頃、市道を散歩していた際に、アナグマと遭遇。「突然前方に現れ驚きました。しばし目が合い、その間に持っていたコンパクトデジタルカメラで撮影しました」と、中村さんは話す。

 アナグマはイタチ科で、目の周りがパンダのように黒い。爪で地面を掘って巣穴を作る。タヌキや外来種のハクビシン、アライグマ、イノシシの子どもなどと見間違えられることも多いが、アナグマはミミズや昆虫を主食としているため、県内でも農作物への被害はほとんど報告されていない。

 ビジターセンターの職員によると、センター周辺の森にもアナグマの巣穴があり、これまでにも目撃されているという。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク