秦野版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

出雲大社相模分祠 戌の石像がお目見え 西巻一彦さんが制作

社会

西巻さんと戌の像
西巻さんと戌の像
 出雲大社相模分祠(秦野市平沢1221・草山清和宮司)の鳥居の下に昨年12月26日、今年の干支の戌(いぬ)の石像がお目見えした。

 この石像を制作したのは彫刻家の西巻一彦さん。およそ2カ月間かけて制作された今回の作品は、柴犬がモチーフ。少し上を向いた優しい表情が特徴。「神社の参拝者の願いを聞き取ってくれるようなイメージで彫りました」と西巻さんは話す。

 同氏は2011年、悪性リンパ腫を発症。治療の結果体調が戻った西巻さんに「生きる励みにして欲しい」と、草山宮司が干支の石像の制作を依頼。以来毎年一つずつ作り続け、今年で5年を迎えた。

秦野版のローカルニュース最新6件

9/25新メニュー販売開始

大人気の箱根「田むら銀かつ亭」の豆腐かつ、自然薯コロッケ使用のサンドウィッチ

https://www.brooks.co.jp/nk/cafe/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月5日号

お問い合わせ

外部リンク