秦野版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

ASIAGAPを取得した「秦野いとう農園」のオーナーを務める 伊藤 隆弘さん 菩提在住 59歳

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena

農家の可能性探し一歩

 ○…「農業は自由度が高い。何を育てるかは自分で設定できるし、仕事をしながら趣味だってできる。若い人にそれを強く訴えていきたいですね」と口調に熱がこもる。サラリーマンから転身し「秦野いとう農園」を開園して10年以上。ASIAGAPを取得し、新たな1歩を踏み出す。

 ○…千葉県出身。一般家庭に生まれ農業とは縁がなかったが、離農者が増加している事に常々疑問を感じていた。食べる事が好きで、農業という「生きるために大切な仕事」に関わるのも面白そうだと、大学卒業後はコンピューター技術者として会社勤めをしながら、軽い気持ちで当時住んでいた鎌倉の農家に週末研修へ。しかし農地の確保など非農家が農家になるにはハードルが高く、片手間にはできないと感じたという。

 ○…45歳の時に会社を辞めて、かながわ農業アカデミーに入校。本格的に農家になるための勉強を始めた。県内で新たに農地を探し、縁あって秦野へ。2005年に「秦野いとう農園」を開園した。初めは野菜がメインだったが、その後ブルーベリーなどの果樹も増やし、現在は総面積1・7haの畑で夏野菜を中心に市場への出荷と収穫体験などを行っている。「最初は品質の良い物をまとまって出荷できなかったり、台風や雪、鳥獣被害などで予想外の負担がありましたが、今は経験を積んで思った通りにできるようになりました」と笑う。非農家出身の視点を生かした収穫体験も好評で、参加者の笑顔が励みになっているという。

 ○…趣味はテニス。中学時代から続けており、会社員時代には実業団にいたことも。「仕事をしながら趣味も楽しむ…そんな農家の目標になりたいですよね」とイキイキとした表情。昨年には念願のマイホームを建て、家族と暮らす。収穫した野菜が食卓に並ぶのはやっぱり「贅沢だなぁ」としみじみ。若者へ新しい農家の姿を示しつつ、やりがいのある仕事を貫く。

新春キャンペーン

はたの校リニューアル記念 指定用品3点プレゼント

http://www.champion-sc.co.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

勝間田 兼二さん

秦野駅長に就任した

勝間田 兼二さん

大井町在住 56歳

7月1日号

吉野 詩織さん

7月9日に「インハイ」を実施する学生団体E4の代表を務める

吉野 詩織さん

秦野総合高校3年 17歳

6月24日号

板倉 久士さん

丹沢で歩荷として山小屋に荷揚げを行う活動している

板倉 久士さん

YAMA CAFE(戸川)勤務 45歳

6月17日号

多田 敏子さん

丹沢アートフェスティヴァルのスタッフとして支えた

多田 敏子さん

河原町在住 50歳

6月10日号

山口 浩さん

今年5周年を迎える「ぱれっと・はだの」の業務執行理事を務める

山口 浩さん

沼代新町在住 60歳

6月3日号

岩渕 浩二さん

秦野警察署長に就任した

岩渕 浩二さん

秦野市在住 53歳

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第10回・ラーメンでお客様を笑顔に

    7月1日号

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員 秦野市議会6月第2回定例会  一般質問

    古木勝久(3期目)

    7月1日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第9回・ついに開店「なんつッ亭」

    6月24日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook