秦野版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

ひまわり保育園 保育士の決断が命救う 園の判断で救急要請

社会

対応した担任の佐々木さん(右)と主任の小野寺さん
対応した担任の佐々木さん(右)と主任の小野寺さん
 ひまわり保育園(高橋六郎園長・秦野市室町)に通う鈴木葉奈ちゃんが1月25日に給食で食べたクルミにアレルギー反応を起こし、同園の保育士の機転で素早く救急搬送され、一命を取り留めた。

 保護者の鈴木幸子さんによれば、2歳1カ月になる葉奈ちゃんには、イクラにアレルギー反応があったものの、ほかには思い当たるものがなく、保育園にアレルギー対象を申告していなかった。

 日頃からアレルギーには注意を払っていた同園。昼食後体調が悪くなった園児の姿を担任でクラスリーダーの佐々木麻衣さんが見つけ、主任保育士の小野寺ひろみさんにすぐに相談した。

佐々木さんは保護者の鈴木さんに連絡を試みたものの連絡が付かず、時間の経過とともに状態が悪化していると感じた保育園の判断で救急車を要請。救急搬送された。後から連絡を聞き病院に駆け付けた鈴木さんは、アレルギー症状が広がった葉奈ちゃんの顔に驚くとともに、連絡がつかない状態でも救急車を呼んだ同園の判断を喜んだ。「運ばれてくるのが遅かったら命に関わったと医師から言われた。こうした保育士がいることで安心して働くことができる」と鈴木さんは話す。

 今回の判断に小野寺さんは「何と言っても命が大事。大事に至らずよかった」と胸をなでおろす。佐々木さんは「(救急要請は)当然のこと。毎日子どもたちのことを注意してみているので、体調の変化にも気づくことができる」と振り返って話した。

サマーランチバイキング

8月11日・12日限定 料理・サラダ全21品+中国茶、オレンジジュース

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/tokoen/

中栄信用金庫

全てを地域の明日のために

http://www.shinkin.co.jp/chuei/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野を守る小さな消防士

鍛錬の成果、治安に生かす

美術協会展に93点

命繋ぐ復興のヒマワリ

横溝 良明さん

秦野ライオンズクラブ第54代会長

横溝 良明さん

7月20日号

熱中症救急搬送が急増

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「舘野鴻の世界」展示で体感

「舘野鴻の世界」展示で体感

生演奏、公開制作、対談など町田市民文学館で

7月14日~9月24日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク