秦野版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

ひまわり保育園 保育士の決断が命救う 園の判断で救急要請

社会

対応した担任の佐々木さん(右)と主任の小野寺さん
対応した担任の佐々木さん(右)と主任の小野寺さん
 ひまわり保育園(高橋六郎園長・秦野市室町)に通う鈴木葉奈ちゃんが1月25日に給食で食べたクルミにアレルギー反応を起こし、同園の保育士の機転で素早く救急搬送され、一命を取り留めた。

 保護者の鈴木幸子さんによれば、2歳1カ月になる葉奈ちゃんには、イクラにアレルギー反応があったものの、ほかには思い当たるものがなく、保育園にアレルギー対象を申告していなかった。

 日頃からアレルギーには注意を払っていた同園。昼食後体調が悪くなった園児の姿を担任でクラスリーダーの佐々木麻衣さんが見つけ、主任保育士の小野寺ひろみさんにすぐに相談した。

佐々木さんは保護者の鈴木さんに連絡を試みたものの連絡が付かず、時間の経過とともに状態が悪化していると感じた保育園の判断で救急車を要請。救急搬送された。後から連絡を聞き病院に駆け付けた鈴木さんは、アレルギー症状が広がった葉奈ちゃんの顔に驚くとともに、連絡がつかない状態でも救急車を呼んだ同園の判断を喜んだ。「運ばれてくるのが遅かったら命に関わったと医師から言われた。こうした保育士がいることで安心して働くことができる」と鈴木さんは話す。

 今回の判断に小野寺さんは「何と言っても命が大事。大事に至らずよかった」と胸をなでおろす。佐々木さんは「(救急要請は)当然のこと。毎日子どもたちのことを注意してみているので、体調の変化にも気づくことができる」と振り返って話した。

秦野版のローカルニュース最新6件

テーマソングで地域に活力を

秦野市後半に追い上げ5位

”ブルー”引き継ぎ40年

初出場で初優勝

第21回煌薫杯 北中男子ソフトテニス部

初出場で初優勝

2月16日号

日本財団の助成で新車購入

梅一輪ほのかに

梅一輪ほのかに

2月16日号

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク