秦野版 掲載号:2018年4月13日号 エリアトップへ

4月22日、文化会館で20周年公演を開催する日本舞踊五月流「みやこ会」会主の 五月(さつき) 千都弥(せんつや)さん 今川町在住

掲載号:2018年4月13日号

  • LINE
  • hatena

感謝の想い、いつまでも

 ○…「20周年という節目を迎えることができた。皆さんに日舞を披露することができ感謝している」。最初に口にした言葉は、これまでに支えてくれた人への「感謝」だった。チャリティー公演には弟子のほか、他の流派からの応援出演もある。また、今回は五月流の五月千王流祖が特別出演する。「来場者に最高の踊りを披露したい」と言葉に力がこもる。

 ○…同会は1998年から公演を開催している。踊りを通して地域福祉に役立ちたいという想いから、3回目の公演からチャリティーを始めた。その想いは来場者に伝わり、毎回多くの善意が寄せられている。「大きな歩みではないが、一歩一歩階段をあがるように確実に浸透していった。今後も続けていきたい」。30周年開催まで見据えている。

 ○…内気で話をすることが苦手だった子どもの頃。踊りが好きだった母親の影響で小学1年から踊りを習い始めた。「私も好きだったので楽しく通っていた」と振り返る。社会人になっても踊りは続けた。その後、厳しい稽古の末、名取りになった。完璧な踊りを習得しようと努力。「師の指導は厳しさの中にも情が深くとても信頼できた」。信頼関係が高みに繋がった。様々な役どころを演じ、時には男役も。「自分にはない役も踊りの楽しさ」と話す。「踊りにこれで完成はない。稽古は一生」と強調する。

 ○…踊り以外に、俳句を習っている。いつまでも生き生きと生活するために始めたという。「自然豊かな秦野。題材は豊富」。座右の銘は「個人は質素に、社会は豊かに」。東芝の社長・会長を歴任した土光敏夫さんの生き様に感銘を受けた。「思っていても実際に行うのは難しい。その気持ちを持って取り組んでいきたい」と話す。

秦野版の人物風土記最新6

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

平沢在住 48歳

10月15日号

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

秦野市俳句協会の第12代会長を務める

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

千村在住 73歳

10月8日号

村上 志津子さん

秦野市レクリエーション協会の会長を務める

村上 志津子さん

堀山下在住 70歳

10月1日号

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

酒井 みさをさん

アンサンブル楓の代表を務める

酒井 みさをさん

寺山在住 63歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook