秦野版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

4月22日、文化会館で開催する秦野市民交響楽団の演奏会で朗読を行う 長澤 智子さん 新町在住 42歳

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena

周りを元気にする声楽家

 ○…演奏をバックに交響的物語『ピーターと狼』の朗読を行う。「演奏と語りで来場者に物語が思い浮かぶような情景を作りだせるように頑張りたい」と意気込む。朗読は3つのプログラムのうち2番目。「最初の演奏の余韻を引き継ぎつつ、メインとなる最後の演奏に観客を繋げていきたい」。柔らかな語り口だが言葉に力がこもる。

 ○…高校合唱部のボイストレーナーやコーラスグループの指導、コンサートの司会やナレーターなど多岐に渡る活躍を見せる。元々同楽団員で活動していたが結婚を機に現在は休団中だ。アットホームな雰囲気の楽団が好きだったことから退団ではなく休団にした。「私のわがままを受け入れてくれていることに感謝しています」。今も、関わりを持てることへの嬉しさをにじませる。

 ○…秦野市出身。絵を描くのが好きなおとなしい子どもだった。中学では、美術部への入部を希望していたが吹奏楽部に。「仲の良い友人が吹奏楽部に入るというので仕方なく」。その後、内気だった性格から活発になったという。「大会出場等で度胸がついたのかも」。大学ではオペラを学んだ。「指導は厳しかったけど、楽しさが上回っていた」と振り返る。大学卒業後は、音楽の楽しさを多くの人に伝えたいと考え、小学校の音楽教諭や中学校非常勤講師として5年間務めた。

 ○…家事の合間を縫って、家で練習をすることが多い。娘さんからのするどい指摘も。「家族が一番厳しい先生」と苦笑い。舞台や、指導にあたっているとき、一番大事にしていることは『伝えよう』という想いだという。「相手に伝えるためには、まず私が楽しむことが大事だと思う」。信念を持ち、22日の創立40周年記念定期演奏会に臨む。

秦野版の人物風土記最新6

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

平沢在住 48歳

10月15日号

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

秦野市俳句協会の第12代会長を務める

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

千村在住 73歳

10月8日号

村上 志津子さん

秦野市レクリエーション協会の会長を務める

村上 志津子さん

堀山下在住 70歳

10月1日号

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

酒井 みさをさん

アンサンブル楓の代表を務める

酒井 みさをさん

寺山在住 63歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook