秦野版 掲載号:2018年7月6日号
  • LINE
  • hatena

銀八鮨でマーケティング学ぶ 産能大と中栄信金が企画

教育

茅ノ間大将(上)の握ったすしの美味しさに驚き、思わず笑みをこぼす学生たち(右)
茅ノ間大将(上)の握ったすしの美味しさに驚き、思わず笑みをこぼす学生たち(右)
 秦野市堀川の銀八鮨本店に6月26日から28日、産業能率大学情報マネジメント学部3・4年生12人が訪れた。マーケティングを学びながら、学生ならではの柔軟なアイデアを経営に役立ててもらおうと中栄信用金庫と同大学が初めて企画。事前に同店の茅ノ間彰紀大将が大学で講義を行い、同店の戦略等を説明した。

 学生らは”回転しないおすし屋さんのカウンター席”を初体験。最初は緊張していたものの、茅ノ間さんが振舞った紅トロサーモンや本マグロを食べ「ハンパない!」「うめぇ」と感激していた。学生から「お店の前にいつも秦野自動車教習所の教習車が停まるので、”免許取ったら銀八鮨”みたいなのどうですか」などの提案があり、茅ノ間さんは「斬新なアイデアだね」と感心。「より身近に感じてくれたら嬉しい」と笑顔で話した。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菅原神社で合格祈願

菅原神社で合格祈願

初天神の1月25日に

1月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク