秦野版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

命繋ぐ復興のヒマワリ 新生町自治会館前で咲く

社会

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena

 阪神淡路大震災で亡くなった加藤はるかさん(当時小学6年生)の自宅跡地に咲いたヒマワリの種に由来する「はるかのひまわり」が、秦野市堀西の新生町自治会館前の道の両脇で見ごろを迎えた=写真(7月13日撮影)。

 はるかのひまわりの種は「復興のシンボル」として、はるかさんが暮らした神戸から新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震の被災地へと、人から人へ世代交代しながら贈られてきた。2011年から宮城県などの被災地を訪問している秦野市民の支援隊のメンバー相原工顯(のりあき)さん(65)=平沢=は、宮城県名取市と南三陸町で被災した人達から種を譲り受け自宅の庭で栽培。2年前、育てた苗を新生町自治会の木村孝雄さん(79)に譲った。相原さんは「ヒマワリのそばに趣旨を説明する小さな看板を立てたから通りすがりの人も声をかけてくれました。知人や近隣の福祉施設にも種を渡しました」という。

 新生町では以前から、高齢者がけん玉に取り組む「ヒマワリ会」が活動しており「ヒマワリは自治会のシンボル」と木村さん。自治会では相原さんからもらった苗を育てて種を収穫し西小学校の通学路などでも育ててきたほか、種を西小学校に寄贈したという。「神戸から繋がれた花。子どもたちに命の尊さが伝われば」と木村さんは話す。

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

地域の健康の担い手として

地域の健康の担い手として 政治

秦野市食生活改善推進団体会長 飯田あや子

1月21日号

スイセンが見頃

スイセンが見頃 文化

震生湖弁財天近くで

1月21日号

坡州との交流の架け橋

坡州との交流の架け橋 社会

秦野・坡州友好協会会長 福森登

1月21日号

クラコンピアノで入賞

クラコンピアノで入賞 教育

下落合 クレッセントの2人

1月21日号

チア全国でW優勝

市内在住の吉浦姉妹

チア全国でW優勝 スポーツ

1月21日号

こども園に市長選啓発物

秦野市明るい選挙推進協議会

こども園に市長選啓発物 社会

園児通し保護者に周知

1月21日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook