秦野版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

市立校ブロック塀 3カ所で建基法不適合 全て撤去しフェンス設置へ

社会

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena
西中プールの目隠し塀
西中プールの目隠し塀

 大阪府北部地震で2人がブロック塀の倒壊で犠牲になったことを受け秦野市は、市内の幼稚園と小・中学校の敷地内のブロック塀の調査を行い、3校に建築基準法に適合していない塀があったと公表した。

 市は、6月18日から28日にかけて、市内の全31園・校(幼稚園9園、小学校13校、中学校9校)の敷地内のブロック塀の長さ、高さ、厚さ、控え壁の有無、ひび割れや傾きについて建築基準法の規定に照らし適否を確認した。

 敷地内にブロック塀があるのは西小・中、上小、末広小、本町中の5校。そのうち、建築基準法に適合していないものは西小・中、上小の3校だった。いずれもプールの目隠しとして建てられた塀だ。市は、5校全てのブロック塀を安全のためにできるだけ早めに撤去し新たにフェンスを設置するとしている。

 そのうち、道路面から高さ2・2mを超えている上小・西中・本町中のブロック塀は、緊急を要するものとして8月中旬までに撤去工事を完了させる予定だ。また、安全面を考慮し、ブロック積みのシャワー室や投てき板等についても撤去する方針だ。費用は学校の修繕費等で対応するとしている。

学校施設以外も調査

 市は今回、学校施設以外にも範囲を広げ調査を行った。

 公共施設の調査は6月21日から29日に行われた。29施設の敷地内にあるブロック塀のうち、市役所西庁舎の受水槽や寿町第二分庁舎の隣地境界、桜町1丁目倉庫の道路境界など13カ所で建築基準法に適合していないことが分かった。

通学路のブロック塀も調査

 現在、さらなる詳細な調査を行いつつ、撤去または安全確保策を進めている。

 全22校の通学路の調査は7月3日から12日に行われた。その結果、道路面から2・2mを超える高さにブロックがある塀は654件、ブロックが5段以上ある塀は1835件、ブロック以外の材質または目視での判断が困難で道路面から高さが1・2メートルを超える塀は678件だった。

 市は、今回の調査を基に今後詳細を分析し、さらなる確認が必要と判断したものから二次調査を進めるとしている。その結果、改修等の必要性があると認められたブロック塀は所有者に改善を要請する。また、通学路の見直しも検討するという。

 危険ブロック塀の撤去費用に関して市は一部補助を行っている。補助対象となるのは、宅地と接する公衆用道路(建築基準法第42条2項に規定する道路を除く)との間に設けられた危険ブロック塀等の撤去費用。「事故後、補助についての問い合わせは増えた」と防災課は話している。市は「調査で分かった公共施設のブロック塀等は既に撤去作業や安全確保策を進めている。引き続き関係機関と連携し対策をしていく」と話している。

公共施設13の塀が不適合

 また合わせて調査した公共施設のブロック塀のうち、13カ所に建築基準法に適合しない箇所が見つかった。不適合の塀は以下の通り。秦野臨時第3自転車駐車場隣地境界(撤去済み)、秦野市役所西庁舎受水槽、寿町第二分庁舎隣地境界、桜町一丁目倉庫道路境界、秦野駅前郵便局道路境界、ばんばした公園隣地境界、みなみたいくぼ児童遊園地道路境界、どうめい児童遊園地道路境界、市道上今川町7号線道路境界、堀川第二住宅道路境界、都市計画道路事業用財産(本町二丁目)隣地境界、大倉緩速ろ過池道路境界(改修中)、柳町取水場道路境界(改修済)。

秦野版のトップニュース最新6

秦野産ジビエ 流通へ

秦野産ジビエ 流通へ 経済

ブランド化で観光資源に

7月30日号

大倉高原山の家解体へ

秦野市

大倉高原山の家解体へ 社会

トイレ設置等再整備計画

7月30日号

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter