秦野版 掲載号:2018年12月14日号
  • LINE
  • hatena

少年野球部コメッツ 秦野勢初のベスト4に 5年生以下の関東秋季大会で

スポーツ

神奈川県代表として雄姿を見せた秦野コメッツ=11月24日(千葉県)
神奈川県代表として雄姿を見せた秦野コメッツ=11月24日(千葉県)

 秦野少年野球部コメッツ(宮永昌幸監督・45人)が11月24日・25日、千葉県のファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた小学5年生以下の「日本ハム旗 第20回関東学童軟式野球秋季大会」に神奈川県代表として出場。秦野勢初のベスト4入りを果たした。

 コメッツの5年生は主将の門脇輝人(らいと)君(末広小5年)を筆頭に俊足ぞろい。バントやヒットエンドランなどの小技を繰り出す「全員で繋ぐ野球」が持ち味だ。

 10月の神奈川大会では11年ぶり2回目の優勝を果たし、県内約770チームの頂点に。関東大会への切符を手にした。

俊足と技で打線繋ぐ

 1都7県の代表による関東大会トーナメント戦。初戦は2回表で田沼アスレチックBBC(栃木県)に2点を先取されるも、「その裏で下位打線が起点となりすぐ返せたのがよかった」と宮永監督。その後も打線を繋いで加点。小栁匠真(しょうま)投手(本町小5年)も好調で、6対2で勝利。この大会で秦野勢として初白星を挙げ、ベスト4を決めた。

 準決勝は不動パイレーツ(東京都)を相手に捕球ミスから失点し、流れを捕まれ0対7で敗れた。パイレーツは同大会で優勝した。「大会で知った1球の怖さ、1プレーの大切さを教訓に、取り返す強さが身に付けば」と宮永監督。門脇主将は「これからもチーム全員で”手を抜かず全力を出しきる”を合言葉に頑張りたい。新入部員も歓迎しています」と話した。
 

秦野版のトップニュース最新6件

山岳救助隊に初の女性隊員

今年は秋田市と対戦

チャレンジデー

今年は秋田市と対戦

5月17日号

いちごの和紅茶 開発

高梨茶園

いちごの和紅茶 開発

5月1日号

お手まきの木 順調に生育

秦野市

お手まきの木 順調に生育

5月1日号

くずは峡谷に美術館誕生

秦野に新名所

くずは峡谷に美術館誕生

4月26日号

伝統の『峠漬』復活へ

峠屋―1976―

伝統の『峠漬』復活へ

4月26日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク