秦野版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

秦野高校陸上部女子駅伝チーム 県3位で関東大会に出場 男子H曽我部選手は関東3位

スポーツ

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
練習する女子駅伝チーム
練習する女子駅伝チーム

 秦野高校陸上部の女子駅伝チームが11月2日に行われた県高校駅伝競走大会で3位に入賞、11月16日の関東大会に出場する。また10月に千葉県で行われた関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会110mハードルで、曽我部隆伍選手(2年)が3位に入った。

 例年会場となっている山北町丹沢湖周回コースが今年は台風の影響で使用できず、小田原市の城山競技場で開催された今年の県大会。「ずっと湖畔のコースで練習してたので残念な気持ちもありましたが、気持ちを切り替えて挑みました」と選手が話す通り、1区のスタートからアンカーの5区まで3位をキープして襷をつなぎ、1時間12分41秒でゴールした。

 優勝チームが毎年京都市宮大路を舞台に開催される、全国大会出場権を獲得する同大会。優勝を目指して練習を重ねてきたが、惜しくも3位となったものの、関東大会への出場権を獲得した。キャプテンの小宮さくら選手(3年)は、「ライバルの強豪チームを意識しすぎてしまった」と大会を振り返る一方、「関東という大きな大会でも入賞目指してチームで頑張りたい」と意気込みを話した。

 また、10月19日に千葉県で開催された第23回関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会では同高の曽我部隆伍選手(2年)が110mハードルに出場し、3位入賞を果たした。9月の県大会の110mハードルで準優勝、400mハードルで優勝した三和遼選手(2年)とは中学生の頃からチームメイトでありライバルだ。「互いの存在が刺激。来年は2人でインターハイ出場が目標」と声をそろえて話した。
 

三和選手(左)と曽我部選手(右)
三和選手(左)と曽我部選手(右)

秦野版のトップニュース最新6

震生湖が国登録記念物に

震生湖が国登録記念物に 社会

地震で誕生した堰止湖(せきとめこ)

11月27日号

期末手当引き下げ他審議

秦野市議会

期末手当引き下げ他審議 政治

一般会計補正予算は5億超

11月27日号

保健福祉事務所 移転へ

保健福祉事務所 移転へ 社会

耐震診断の結果受け

11月20日号

まちに笑顔と活気を

秦野JC

まちに笑顔と活気を 文化

ドライブインシアター開催

11月20日号

5人目のふるさと大使に

合田雅吏(ごうだまさし)さん

5人目のふるさと大使に 政治

秦野名水の動画案内役も

11月13日号

新たな交流拠点整備

秦野市シルバー人材センター

新たな交流拠点整備 社会

アンテナショップを開所

11月13日号

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クリスマス飾り展示会

クリスマス飾り展示会

先着でミニリースキットも

11月28日~12月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク