秦野版 掲載号:2020年3月6日号 エリアトップへ

自ら立ち上げたBamboo Project Japan代表を務める 関口 修さん 渋沢在住 43歳

掲載号:2020年3月6日号

  • LINE
  • hatena

夢は「秦野の竹でまちおこし」

 ○…竹を中心とした自然素材で、イベントを飾るオブジェなどの制作をしている。2月14日から21日まで東京ドームで開催された「世界らん展2020」の会場で、大手園芸会社とコラボレーションして、ワークショップの会場となる竹のパーゴラの制作を手掛けた。プロジェクトの立ち上げは2006年。これまでも毎年8月に開催される「秦野市平和の日」の事業の一つとして開催されている「ピースキャンドルナイト」の会場を飾るオブジェを担う。「竹は粘りがあってしかも強い。自然素材の良さが詰まっている」と、その魅力を楽しそうに話す。

 ○…音楽好きが集まって楽しむ際に竹を組んでブースを造ったのがきっかけ。もともと塗装を生業としていて足場を組む作業に慣れていた。創作活動を続ける中訪れたバリ島で、竹を構造材とした大型の建築物に衝撃を受けた。竹のポテンシャルをまざまざと見せつけられたと同時に、底知れぬ創作意欲が湧いた。今回のパーゴラも、バリ島の建物からインスパイアされたものだ。

 ○…今夢中になっているのが植物。シダ系植物や塊根植物がお気に入り。「ビカクシダ」や「アデニウム」を育てることをこよなく愛する。スノーボードやサーフィンが趣味で、かつて国内外の雪山に籠って、アルバイトしながらスノボに興じたほど入れ込んだという。今では4人の子どもに囲まれる良き父親。「一番下の6歳の子どもが竹を割いたりするんだよね」としみじみ。

 ○…実用的で常設できるものを作って設置していきたいという。将来工房を作って市民に開放するのが夢。「ものづくりの楽しさを知ってほしい。秦野の竹でまちおこしできたら最高」と、少年のように瞳が輝いた。

秦野版の人物風土記最新6

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

平沢在住 48歳

10月15日号

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

秦野市俳句協会の第12代会長を務める

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

千村在住 73歳

10月8日号

村上 志津子さん

秦野市レクリエーション協会の会長を務める

村上 志津子さん

堀山下在住 70歳

10月1日号

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

酒井 みさをさん

アンサンブル楓の代表を務める

酒井 みさをさん

寺山在住 63歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook