秦野版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

曽屋水道記念公園を整備 公園会がペンキ塗り

社会

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena
サビ取りをする会員
サビ取りをする会員

 曽屋水道記念公園会(杉山和史会長)が5月14日、曽屋水道記念公園でベンチや空気孔のペンキ塗りなどを実施した。当日は会員約10人が参加。はじめにサビなどを落とした後、ペンキで塗り直し、公園の整備を行った。

 同会は「曽屋水道」の歴史を伝えていこうと、地域のボランティアによって発足した団体。「曽屋水道」は全国で3番目に完成した近代水道の草分けとして国の登録記念物(遺跡関係)にも登録されている。この曽屋水道が使用されていた時代に配水場だったのが曽屋水道記念公園の場所で、当時の配水池やポンプ室の遺構が今も残されている。同会では歴史を感じられるこの公園に親しんでもらうと共に、曽屋水道の歴史を多くの人に知ってもらおうと定期的に整備を行ってきた。

 今年の4月24日には、昨年12月に本町小学校の児童と一緒に植えた「えらぶゆり」の付近を除草するなどの活動も行っている。杉山会長は「公園を身近に感じてもらえたら」と話している。

秦野版のローカルニュース最新6

救助活動を市長に報告

市消防職員

救助活動を市長に報告 社会

熱海土石流 緊急消防援助隊

7月23日号

おおね油絵サークル展

おおね油絵サークル展 文化

市民ギャラリーで

7月23日号

パラ通して多様性を考える

パラ通して多様性を考える スポーツ

8月14日に聖火フェス

7月23日号

すとりーとらいぶ

すとりーとらいぶ 文化

寺山の石庄庵で

7月23日号

14年間児童の安全見守る

14年間児童の安全見守る 社会

菖蒲在住 竹田弘さん

7月23日号

ワクチン接種状況

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter