秦野版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

県内Jクラブ Jリーグ再開を県に報告 村井チェアマン「感動届けたい」

スポーツ

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
村井チェアマン(右から4人目)と黒岩知事(右から5人目)
村井チェアマン(右から4人目)と黒岩知事(右から5人目)

 サッカーJリーグの村井満チェアマンと県内に拠点を置く全6クラブ幹部が6月12日、県庁を訪れ黒岩祐治知事にJリーグの再開を報告した。

 Jリーグは今年2月に開幕したが、新型コロナウイルスの影響で中断。感染リスクを下げる基準などを定め、このたびJ2とJ3は6月27日、J1は7月4日に無観客試合での再開が決定した。

 訪問したクラブは、横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレ、横浜FC、YSCC横浜、SC相模原。各チーム代表者は、新型コロナウイルスに立ち向かう医療従事者らに向けて感謝を述べ、再開の喜びを語った。

 村井チェアマンは、「無観客試合でのスタートだが、サッカーの楽しさや感動をお客様に届けたい」と話した。

 湘南ベルマーレの水谷尚人代表は、「ベルマーレは9市11町がホームタウン。サッカーをやれる喜びを感じている」と述べた。

 黒岩知事は、県内スタジアムに「新型コロナと闘う医療・福祉従事者の皆様にありがとう」と記された横断幕の掲示を提案し、「もう一度スタジアムが観客で満杯になり、感動を共有できる時が来ることを願う」とエールを送った。

秦野版のローカルニュース最新6

救助活動を市長に報告

市消防職員

救助活動を市長に報告 社会

熱海土石流 緊急消防援助隊

7月23日号

おおね油絵サークル展

おおね油絵サークル展 文化

市民ギャラリーで

7月23日号

パラ通して多様性を考える

パラ通して多様性を考える スポーツ

8月14日に聖火フェス

7月23日号

すとりーとらいぶ

すとりーとらいぶ 文化

寺山の石庄庵で

7月23日号

14年間児童の安全見守る

14年間児童の安全見守る 社会

菖蒲在住 竹田弘さん

7月23日号

ワクチン接種状況

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter