秦野版 掲載号:2020年8月21日号 エリアトップへ

秦野ゆとりの会で会長を務める 高橋 宣次(のぶじ)さん 南矢名在住 87歳

掲載号:2020年8月21日号

  • LINE
  • hatena

気張らずにのびのびと

 ○…元中学校教員で、定年退職を迎えた27年前に植物好きの仲間に声をかけられ、退職した小中学校の教員で会を立ち上げた。「退職後も、人とつながりが持てる場所があれば良いと思って」。活動当初は「秦野植物愛好会」だったが、メンバーが増えるにつれて活動の幅が広がり、気兼ねなく集まれる場にしたいと「秦野ゆとりの会」に変更した。「誰かがふと思いついた気がするが、あまり覚えていないな」。そんなゆるやかな雰囲気が好きだという。

 ○…生まれも育ちも南矢名。「子どもの頃は水道やガスはなく、足袋もなかったかな。冬場は寒くて。今は考えられない生活」と笑う。小学校教員の父の影響で教師の道を目指し、横浜国立大学に進学。「勉強は好きではなかったけれど、父に対する憧れがあったのかもしれない」。入学試験に手ごたえがなかったため結果を見に行かず、電報で合格を知って驚いたことは、今は笑い話だ。

 ○…卒業後は、秦野市の中学校などで体育を教えた。「もともと体を動かすことが好きで。生徒と一緒に楽しんだ。でもスポーツなら何でもできると思われていたからちょっと困った」と苦笑する。退職後は街中で教え子に声をかけれらることもあると、嬉しそうに話す。

 ○…会のメンバーは約30人。東公民館の講座でアサガオとスズムシの育て方を教えるほか、公民館まつりでキクの展示や折り紙を教えるなど、教員時代の手腕を発揮する。年3回、メンバーで教育談義に花を咲かせることが楽しみだが、コロナ禍のため開催自粛中。「今まで退会を申し出た人はいない。皆が無理せず活動できれば」。趣味はネットサーフィンで、買い物もこなす。もうすぐ生まれるひ孫に会う日を楽しみにしている。

秦野版の人物風土記最新6

松本 亮三さん

文化財保護強調週間に特別公開を行うはだの大日堂保存会の会長を務める

松本 亮三さん

東海大学名誉教授 68歳

10月23日号

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

秦野市文化団体協議会の会長を務める

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

桜町在住 89歳

10月16日号

小桧山(こひやま) 茂雄さん

秦野茶を使ったクラフトビール「HANOCHA」のプロジェクトリーダーを務める

小桧山(こひやま) 茂雄さん

西田原在住 44歳

10月9日号

竹田 茂さん

9月3日付で秦野警察署長に就任した

竹田 茂さん

秦野市在住 58歳

10月2日号

佐藤 直樹さん

秦野市教育長に就任した

佐藤 直樹さん

二宮町在住 57歳

9月25日号

内田 賢司さん

9月1日付で秦野市副市長に就任した

内田 賢司さん

曽屋在住 69歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

貴重な文化財特別公開

はだの大日堂保存会

貴重な文化財特別公開

11月1日~11月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク