秦野版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

いきがい型デイサービス 内閣府から表彰 高齢者活動事例として

社会

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena
左から野口昌孝さん(77・木曜)、浜田志津子さん(78・水曜)、市長挟み安下信美さん(79・月曜)、藤村冨士雄さん(80・金曜)ら各班リーダーが報告に訪れた
左から野口昌孝さん(77・木曜)、浜田志津子さん(78・水曜)、市長挟み安下信美さん(79・月曜)、藤村冨士雄さん(80・金曜)ら各班リーダーが報告に訪れた

 地域で社会参加活動を積極的に行っている高齢者のグループ等を表彰する「エイジレス・ライフ社会参加活動事例」に、「いきがい型デイサービス」の月曜・水曜・木曜・金曜の各班がそれぞれ表彰された。

 いきがい型デイサービスは、住民主体で運営される通所サービス。広畑ふれあいプラザを会場に、各班が介護予防を目的としたプログラムを実施している。2000年に月曜・水曜・金曜の3班で始まり、2年後の02年に木曜班を新設。当初は市主体でボランティアが入る形だった。

 15年に国の制度が変わり、要支援1・2の受け入れが可能になったのを機に、翌年から住民主体の現システムに変更。民間以外の通所サービスの要支援受け入れは珍しく、かつ民間デイサービス事業者と連携した送迎を行う先進的な取り組みで、多くの自治体がモデルケースとして視察に訪れたという。こうした長年の取り組みが評価され、同事例に選ばれた。

 9月17日には各班のリーダーが高橋昌和市長を訪問。金曜班リーダーの藤村冨士雄さんは、「コロナで苦慮したが、多くの人が再開を望んでくれていた。スタッフが高齢化しているが若手も入ってきているので、後進に繋げていきたい」と意気込みを語った。

秦野版のローカルニュース最新6

地域課題で意見交換

JC神奈川ブロック

地域課題で意見交換 経済

高橋市長を公式訪問

4月16日号

二王像鑑定「修復は急務」

はだの大日堂保存会

二王像鑑定「修復は急務」 文化

今年を計画実行初年度に

4月16日号

劇団BOWZ初披露へ

劇団BOWZ初披露へ 文化

24日 イオン秦野SC

4月16日号

災害復旧の感謝を込めて

高梨茶園

災害復旧の感謝を込めて 社会

自家産のお茶を寄贈

4月16日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

3月28日〜4月3日

4月16日号

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 社会

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第1回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第1回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    4月16日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter