秦野版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

鶴巻温泉の入浴剤完成 3種類1パックで10月から販売

社会

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena
販売が始まった鶴巻温泉「つるまき千の湯」の入浴剤。成分は3種類とも同じだが、「つるまき千の湯」は無香料・無着色、「さくらの湯」は薄い桜色が付き桜の香りが、「檜の湯」は薄い緑色が付きヒノキの香りがする
販売が始まった鶴巻温泉「つるまき千の湯」の入浴剤。成分は3種類とも同じだが、「つるまき千の湯」は無香料・無着色、「さくらの湯」は薄い桜色が付き桜の香りが、「檜の湯」は薄い緑色が付きヒノキの香りがする

 秦野市は鶴巻温泉のPRの一環として、10月1日から「つるまき千の湯」入浴剤(3種類1パック)の販売を開始した。

 日本有数のカルシウム含有量を誇る2つの源泉がある秦野市鶴巻温泉。2010年に湧出した「つるまき千の湯」は、市営の日帰り温泉「弘法の里湯」などで親しまれている。

 市では、この源泉をより市内外にPRしようと、昨年秋頃に入浴剤の製作を企画。例年、紅葉シーズンにあわせて大山と鶴巻温泉駅を結ぶバスが運行されることから、土産などに活用してもらおうと、10月頃の販売開始に向けて製作を開始した。

 入浴剤は「つるまき千の湯」の成分と同じものとなっており、カルシウムが豊富で神経痛・婦人病・やけどや切り傷などに効能があるという。また、実際の「つるまき千の湯」を忠実に再現した香りのしない入浴剤に加え、観光振興課では「遊び心と秦野市のPRとして桜とヒノキの香りがするものも作成しました」と話す。

 桜は「さくらの湯」と名付け、パッケージにはカルチャーパーク沿いのソメイヨシノの並木道などをデザイン。入浴剤の色もピンクにし、桜の香りがするものとなっている。一方、「檜の湯」は秦野産材のPRも兼ねて、丹沢の山並みや森の雰囲気をパッケージデザインに反映。ヒノキの香りと、緑に色付く入浴剤にしたという。色や香りの違いはあるが、入浴剤の成分は全て「つるまき千の湯」と同じで、3種類を1パックとして販売している。

 初回の生産は1000セット。1パック税込500円で秦野市観光協会(桜町1の4の5)と秦野名産センター(大秦町1の1秦野駅北口1F)、弘法の里湯内売店「やまなみ」(鶴巻北3の1の2)、ほっとつるまき売店延命くん(鶴巻南1の1の6)、観光協会直営ネットショップ「丹沢のぼる商店」https://www.rakuten.co.jp/tanzawanoborusyouten/で販売する。今後も販路を拡大していく予定で、取扱店は随時募集していくという。

 「新型コロナウイルス感染症の影響により、なかなか温泉にも行けない状況ですが、家でもこの入浴剤で鶴巻温泉を堪能してもらえれば」と同課は話す。問い合わせは同課【電話】0463・82・9648、取扱店募集は秦野市観光協会【電話】0463・82・8833へ。

秦野版のトップニュース最新6

善波川で生き物採集

鶴巻小5年2組

善波川で生き物採集 教育

ビオトープづくり目標に

10月23日号

ランチでスタンプラリー

ランチでスタンプラリー 経済

3店巡り食事券が当たる

10月23日号

イオンで神奈川再発見

イオンで神奈川再発見 経済

県と共催 10月18日まで

10月16日号

ジビエでおもてなし

ジビエでおもてなし 社会

鶴巻温泉・大山間のバス運行

10月16日号

ワークステーション開始

秦野市の救急拠点

ワークステーション開始 社会

秦野赤十字で10月12日から

10月9日号

2部制で開催へ

2021年成人式

2部制で開催へ 文化

コロナ対応でライブ配信も

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

貴重な文化財特別公開

はだの大日堂保存会

貴重な文化財特別公開

11月1日~11月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク