秦野版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

麺処よつかど・岡本店長 「飲食店の役に立てれば」 マスクコード千本以上寄贈

社会

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
寄贈する岡本さん(右)と受け取る椎野さん
寄贈する岡本さん(右)と受け取る椎野さん

 秦野市栄町の「麺処よつかど」店主の岡本靖彰さん(今泉・37歳=人物風土記で紹介)が、手作りのマスクコードを飲食店等に寄贈している。

 これは岡本さんが立ち上げたマスクコード販売店「Shield of Heart(シールドオブハート)」の『mask code(マスクコード)』。マスクの紐にフックをつけ、首からマスクをぶら下げられるようにしたストラップで、岡本さんの製品はストラップにマグネットを取り付けることで簡単に着脱できるようになっている。新型コロナの影響で店内へのマスク忘れが多いことから閃いた商品だという。

 寄贈を始めたのは今年の夏頃。「少しでも生活を豊かに、便利にしてもらえれば」と飲食店を中心に1店舗あたり10本以上寄贈している。製作には、コロナ禍でオンライン授業になった地元大学生もボランティアで協力。これまで寄贈した総数は1000本以上に上る。

 これから迎える忘年会シーズンに向けて、現在も製作を続けている。「従業員の皆さんで使っていただいたり、お客様に配ったりしていただき、何か役に立ててもらえれば。秦野の忘年会が盛り上がる一助になれば嬉しい」と岡本さん。次の寄贈目標数は3000本だ。

 10月30日にはコントレイル・マーケットを訪れ、同店の椎野祐介オーナーに10本寄贈した。椎野さんは「マスクコードという新しい観点で動けたのは岡本さんぐらい。活用して良い状況にもっていけたら」と話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6

ハート展

ハート展 文化

12月9日から

11月26日号

食品ロス対策学ぶ

蔵の仲間たち展

自然素材のリース展示

自然素材のリース展示 文化

くずはの家で11月27日から

11月26日号

12月イベント情報

万葉の湯 はだの館

12月イベント情報 社会

11月26日号

“笑運動会”で再会喜ぶ

高橋昌和の4年間

5つの誓いの取り組みと成果 第1回「中学校給食の完全実施」

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロに学ぶフォトセミナー

【Web限定記事】

プロに学ぶフォトセミナー

観光協会が参加者募集

12月10日~12月10日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook