秦野版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

ふるさと大使に山田和樹さん 世界で活躍する若き指揮者

文化

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
山田和樹さん「©Marco Borggreve」
山田和樹さん「©Marco Borggreve」

 秦野市出身で世界的な指揮者として活躍する山田和樹さんが11月1日、ふるさと大使に就任した。同日、山田さんはクアーズテック秦野カルチャーホール(文化会館)の開館40周年を記念して開催されるコンサートもプロデュースし、会場の観客を魅了した。

 「はだのふるさと大使」は秦野市にゆかりがあり、さまざまな分野で活躍する著名人を任命し、秦野市のイメージアップに力添えをしてもらおうと秦野市が設置している。

 今回ふるさと大使に就任した山田和樹さんは、1979年、秦野市生まれ。渋沢中学校卒業、渋中では生徒会長を務める。高校時代吹奏楽部でオーケストラを指揮したことがきっかけで指揮者を志し、東京藝術大学に進んだ。2009年に第51回ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝。ほどなくBBC交響楽団を指揮し、ヨーロッパデビュー。2016年からモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督兼音楽監督に就任。日本では、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者、読売日本交響楽団首席客演指揮者、東京混声合唱団音楽監督兼理事長などを務めている。

 2016年に秦野市文化会館ミュージック・アドバイザーに就任。同年から文化会館で山田和樹プロデュースシリーズを手掛け、故郷・秦野市にクラシック音楽を広める活動を展開している。

高橋市長から秦野産檜の任命書

 クアーズテック秦野カルチャーホールで行われた任命式に山田さんは高橋昌和市長とともに登壇。秦野産檜で作られた任命書が手渡され=写真、続いて、ふるさと大使の名刺、秦野の名産品の詰合せが贈られた。

 就任後、山田さんは「ふるさと大使のお話をいただいたのはコロナ前だった。その時は自分でできることがあればとお受けしようと思った。しかしここで、世界が変わってしまった。自分はドイツのベルリンに住んでいます。コロナの前まで、世界はひとつと言っていたのに、このような非常事態が起こったときは、国ごとに対応が違う。コロナという同じ敵に対して、バラバラな対応になったということを痛感した。幸い音楽というのは、言語が違っても心を通わせることができるもの。そういう力を発揮することができるはず。微力ながら何かできればと思っている。きっといただいた名刺の数では足りなくなってしまう。自然に囲まれた秦野で生まれ育った自分が、音楽でまた世界を結び付けていきたい、そんな思いでふるさと大使をさせていただきたいと思う」とユーモアを交えながら挨拶し、会場からは大きな拍手が送られた。

 これまで同大使に任命されているのは、俳優・歌手の吉田栄作さん、俳優の苅谷俊介さん、落語家の春風亭一左さんの3人。山田さんは4人目。

秦野版のトップニュース最新6

中学校給食スタート

秦野市

中学校給食スタート 教育

12月1日から全9校へ配食

11月26日号

震生湖で初のテグス拾い

震生湖で初のテグス拾い 社会

「埋没量は想定以上」

11月26日号

自宅療養の支援体制構築

秦野伊勢原医師会

自宅療養の支援体制構築 社会

「神奈川モデル」導入

11月19日号

防犯功労で全国表彰

地域婦人団体連絡協議会

防犯功労で全国表彰 社会

パトロール継続が評価

11月19日号

食品ロス削減に一手

JAはだのじばさんず

食品ロス削減に一手 社会

全国2番目「ecobuy(エコバイ)」導入

11月12日号

プロの技で地元に恩返し

塗魂ペインターズ

プロの技で地元に恩返し 社会

北小の遊具を塗装

11月12日号

高橋昌和の4年間

5つの誓いの取り組みと成果 第1回「中学校給食の完全実施」

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロに学ぶフォトセミナー

【Web限定記事】

プロに学ぶフォトセミナー

観光協会が参加者募集

12月10日~12月10日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook