秦野版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

秦野市内を中心に音楽活動を行うバンド「プレイバック'70」の代表を務める 田栗 順一さん 戸川在住 70歳

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena

10年先も音楽届けたい

 ○…秦野市内を中心に、1960〜70年代の曲を”プレイバック演奏”するバンドのリーダー。35年間のバンド活動休止を経て、2010年にかつての仲間と活動を再開した。自身はボーカル兼12弦ギターで、メンバーは奥さんを含めて5人。「昔に戻ったような居心地の良さがある。10年後もこのメンバーで演奏できたら」と話す。

 ○…静岡県三島市出身。エレキギターとの出会いは中3のとき。友人と映画館で観た加山雄三の『エレキの若大将』の影響を受けた。「こづかいをためてギターを手に入れたときの感動は忘れられない」と懐かしむ。グループ・サウンズのコピーバンドをする”まじめな音楽好き”の青年は、沼津工業高等専門学校に進学後もその情熱を燃やし続けた。1970年にプロデビューへの登竜門「全日本ライト・ミュージック・コンテスト」の地区オーディションで入賞した。

 ○…卒業後は(株)日立製作所に就職した縁で秦野市へ。銀行などで導入されていた大型コンピューターの設計などを担当した。「新しいことに挑戦して、最先端のものを作ることが、ジャンルは違ったが音楽に通じるものがあったと思う」。

 ○…音楽活動再開のきっかけは、かつての演奏を録音したテープをデジタル化したこと。もう一度バンドをしたいと仲間に声をかけた。バンド名は「プレイバック'70」。フォークやJポップスなど幅広いジャンルをアレンジ演奏する。当初は自主公演がメインだったが、出演依頼されることが増えた。最近ではオンラインライブを企画するなど、新しい手法にも挑戦している。「生演奏もオンライン配信も違う雰囲気でそれぞれ面白さがある。今後も様々な形で音楽を届けたい」と瞳を輝かせた。

秦野版の人物風土記最新6

本多 勝昭(まさあき)さん

初心者が楽しめる論語の本を執筆した

本多 勝昭(まさあき)さん

鶴巻南在住 72歳

6月18日号

久保 徹さん

4月1日付で県平塚土木事務所の所長に就任した

久保 徹さん

平塚市出身 59歳

6月11日号

高橋 洋一さん

YAMA CAFEの店長に就任した

高橋 洋一さん

大秦町在住 61歳

6月4日号

樺島 進一郎さん

4月1日付で秦野商工会議所青年部の会長に就任した

樺島 進一郎さん

(株)コラム建設代表取締役 47歳

5月28日号

竹村 洋治郎さん

秦野市を管轄する湘南地域県政総合センターの所長に4月1日付で就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月21日号

内田 慎之介さん

秦野市PTA連絡協議会(市P連)の会長を務める

内田 慎之介さん

南矢名在住 38歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

極楽寺でコンサート

極楽寺でコンサート

地域や芸術、寺など繫ぐ

6月27日~6月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter