秦野版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

市重要文化財に琥珀と翡翠 国内最大級の大珠3点

文化

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena
市重要文化財に指定された大珠3点
市重要文化財に指定された大珠3点

 秦野市は東開戸(ひがしかいと)遺跡から出土した琥珀大珠(たいしゅ)2点と翡翠大珠1点を、12月18日付けで「秦野市指定重要文化財」に指定した。この大珠3点の大きさは、国内最大級のものとなっている。

 東開戸遺跡は1992年に調査が行われた、秦野市下大槻の金目川右岸台地上、平塚市との市境にある遺跡。およそ4000〜5000年前の縄文時代中期の集落や、古墳時代後期から平安時代の遺構や遺物が発見されている。縄文時代中期の遺構については、中心にある墓地から琥珀の大珠2点と翡翠の大珠が出土した。大珠はいわゆるペンダントのことで、当時は権威の象徴だったと考えられている。そのため、縄文時代の指導者的な存在である族長や、呪術師、巫女などの持ち物ではないかと推測されるという。

 今回、市重要文化財に指定された琥珀は、1つが長径6・2cm、短径5・4cm、厚さ3・4cm、重さ63g。もう一方が長径6・0cm、短径4・0cm、厚さ3・9cm、重さ41gとなっている。翡翠は長径6・5cm、短径4・1cm、厚さ2・45cm、重さ140g。いずれも国内最大級の大きさとなる。

 翡翠は糸魚川市周辺、琥珀は銚子市周辺からもたらされたものと考えられ、特に琥珀大珠は神奈川県内の縄文時代の遺跡からの出土例は他にない。市生涯学習課では、「当時の交易や流通を考える上で重要、かつ貴重な資料」となっていると話す。

 出土当初から文化財としての価値は高く、秦野市は詳細な調査結果が出るのを待っていたという。このほど、報告書が提出されたことから、2020年12月定例秦野市教育委員会議の中で審議。議決を経て、3点を秦野市指定重要文化財にすることが決まった。重要文化財の指定は、2018年の東光寺山門(南矢名)以来で、37件目となる。

 現在、はだの歴史博物館(堀山下380の3)で3点の展示を行っている。午前9時から午後5時(入館4時半まで)、入場無料。問い合わせは【電話】0463・87・9581へ。

秦野版のローカルニュース最新6

デジアナスタンプラリー一時中止

デジアナスタンプラリー一時中止 経済

緊急事態宣言受け

1月15日号

時短要請に迅速対応

飲食店組合

時短要請に迅速対応 経済

組合員にポスター配布

1月15日号

交通安全の標語募集

交通安全の標語募集 社会

1月31日に締め切り

1月15日号

市長動向

市長動向 政治

1月5日〜11日

1月15日号

約80席の特別なコンサート

約80席の特別なコンサート 文化

タウンニュースホール

1月15日号

記念映画「咲む」上映会

記念映画「咲む」上映会 文化

1月31日 クアーズテック秦野で

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

草や木の実で遊ぼう

草や木の実で遊ぼう

くずはの家で観察会

1月23日~1月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク