秦野版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

東中学校 ICT実証授業を実施 市が「マイスター制度」導入も

教育

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena

 国が推進する「GIGAスクール構想」に基づき、今年4月の本格稼働に向け準備が進められている秦野市内全小・中学生へのタブレット配置。これに先駆け、かねてよりICT教育に力を入れてきた東中学校で、2月17日に実証授業が行われた=写真。この日は高橋昌和市長や佐藤直樹教育長も視察を行った。

 市内全小・中学生へのタブレット配置は、工事や選定など3カ年で計画されていた。しかし、コロナ禍でICT環境の整備が急務に。国による支援の動きもあり、昨年6月の議会で5億8700万円の補正予算を計上し、計画を前倒しした。

 端末はグーグルの無料教育向けアプリ「ジースイートフォーエデュケーション」を入れた「Chromebook」を選定。これまで使っていたアプリ「ロイロノート」と合わせ活用を予定している。ネットワーク工事も終了し、現在は本格稼働に向けた最終調整期間となっている。

 実証授業を行った東中は、実証実験校として昨年6月からICT教育に力を入れている。新型コロナによる休校期間の取り組みとして実施したYouTubeを活用した学習支援「東Tube(トーチューブ)」から始まった。

 取り組みを進めるにあたり、ITに明るい若手教員が中心となって方向性を模索。その後ICT活用推進委員会を立ち上げるなど、一つのモデルケースを構築した。これにベテラン教諭らの授業ノウハウが加わり、内容をブラッシュアップ。動画配信だけでなく授業へのタブレット活用に繋がるなど広がりを見せた。

 これらの実績から4月の本格運用に向け、東中で新たなタブレットを試験的に運用。授業を受けた永田芽彩(めい)さん(13)は「使い慣れていないので最初はとまどいましたが、新しい学びがあって楽しい」と話し、佐野優真(ゆうま)さん(13)も「最先端のものを使い学べるし、タイピングも習得出来て有意義」と話した。

 また、「個々の学習の質が上がる」「グループワークや使い方を教えあったりでコミュニケーションが増えた」など共通の感想も。一方で、まだタブレットの活用に慣れていない学校や、小規模校の東中と異なり人数の多い学校でいかにスムーズな運用をしていくか等の課題もある。

人材育成にも焦点

 この問題を解決する一手として、市では東中の委員会をモデルにした「ICTマイスター制度」を創設した。各学校でICT教育推進の中心的な役割を担う人材を育成する制度で、事前に希望者を募っている。

 2月24日にはその委嘱式が行われ、小学校9校、中学校7校から推薦された26人に佐藤教育長から委嘱状が渡された。今後は市内全域に広げるための情報共有や意見交換、研修等を市教委がサポートする。また、秦野市では2021年度予算にICT関連の予算を組み込み、取り組みの推進を図っていく。
 

ICTマイスター委嘱式
ICTマイスター委嘱式

秦野版のトップニュース最新6

「歴史の門」完成

西小学校

「歴史の門」完成 教育

101年目の入学式でお披露目

4月16日号

南矢名交番が統合へ

南矢名交番が統合へ 社会

来年3月までに

4月16日号

久保寺邦夫政経塾が発足

久保寺邦夫政経塾が発足 経済

共に学び「秦野を元気に」

4月9日号

親子でヘアドネーション

上大槻山嵜さん

親子でヘアドネーション 社会

「医療用ウィッグに役立てて」

4月9日号

ヤビツ峠に新たな拠点

ヤビツ峠に新たな拠点 社会

レストハウスがオープン

4月2日号

「マスクの下に笑顔を」

「マスクの下に笑顔を」 社会

市内有志ら はだの万博祭

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第1回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第1回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    4月16日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter