秦野版 掲載号:2021年5月21日号 エリアトップへ

ごみ減量事業者を認定へ 秦野市で新設 申請を随時受付

社会

掲載号:2021年5月21日号

  • LINE
  • hatena
認定事業所に交付される看板
認定事業所に交付される看板

 秦野市はごみの削減に向け今年3月、事業系一般廃棄物の適正処理や資源化に取り組む事業者を認定する「秦野市優良事業所等認定制度」を創設した。申請について、随時受け付けている。

 秦野市のごみ処理は、伊勢原市と組織する「秦野市伊勢原市環境衛生組合」が行っている。現在は同組合が運営する伊勢原清掃工場とはだのクリーンセンターの2施設で実施しているが、老朽化に伴い伊勢原の工場が2025年度までに閉鎖されるため、以降はクリーンセンター1施設体制に移行する。

 こうした状況を背景に、秦野市は事業系一般廃棄物について、25年度末までに17年度処理実績比で5%(420t)減を目標に掲げている。この目標達成に向けた機運を高めるため、ごみの減量に積極的に取り組む事業者を「優良事業所」として認定する制度を新たに設けたという。

2区分で認定

 対象となるのは、秦野市内に事業所がある事業者、および市が許可した一般廃棄物収集運搬許可業者(市外本社含む)。認定事業者の種類としては2区分を設けた。

 1つ目は「秦野市分別・リサイクル優良事業所」。食品ロス対策やプラごみ減量などでごみの発生を抑制しているか、生ごみや古紙などのリサイクルを推進しているか、事業所内での分別を徹底しているかなどを評価項目としている。

 2つ目は「秦野市優良収集運搬許可業者」。収集運搬許可業者を対象に、法令を遵守しているか、ごみの分別やリサイクル活動を推進しているか、社会貢献活動を実施しているかを評価項目とし、積極的に取り組んでいる事業所を認定する。

 市環境資源対策課によると、事業所から提出された申請書の内容を確認。現地調査を行い、認定基準に基づき、決定するという。

 申請は通年で受け付けるが、交付についてはある程度取りまとめる予定。認定期間は2年間で、認定事業者には秦野産スギで作成された看板が交付される。同課では「申請前にアドバイスを受けたいという事業所も受け付けています。ぜひ取り組んでもらえれば」と話している。

 申請書は市ホームページでダウンロード可。問い合わせは同課【電話】0463・82・4401へ。

秦野版のローカルニュース最新6

市長動向

【Web限定記事】

市長動向 政治

9月13日〜19日

9月24日号

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座

【Web限定記事】

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座 社会

10月30日と11月6日

9月24日号

10月イベント情報

万葉の湯 はだの館

10月イベント情報 社会

9月24日号

たばこ祭デザイン切手お目見え

認知症 を知ろう

特集

認知症 を知ろう 社会

9月はアルツハイマー月間

9月24日号

詐欺防止を啓発

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook