秦野版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

9月定例会 議会報告 地産地消と学校給食について 秦野市議会議員 無所属 伊藤大輔

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena

問 平成30年度の小学校給食費の食材費は総額約3億8千万円。購入方法別の内訳はどのようか。

答 神奈川県学校給食会への総支払額は、米、パン、牛乳など1億4650万円で、青果の支出額は4550万円、肉や魚などの支払額は、1億8840万円。

要望 今の地場産率(青果31%)で計算すると地元の生産者に落ちるお金は3・8億円のうちたったの約1400万円。

問 令和2年度の小学校給食で使われたお米64㌧を、県学校給食会から秦野産にできないか。

答 秦野産だけ切り分けて納入する場合、既存の供給システムに支障が生じる可能性があり難しい。

意見 既存のシステムを一部でも変更しようとすると関係者の反対があるのは当然である。千葉県いすみ市は4年かけて地元産100%の有機米の学校給食を実現した。地産地消とは、市内で収穫できるものは農家と直接作付け契約を結ぶということ。農協に全てをお願いすることではない。

問 小・中学校で必要になる100㌧のお米を生産するために必要な作付面積はどのようか。

答 秦野産「はるみ」の収量から換算した場合、20ヘクタールである。

要望 農家戸数は約25軒、予算約6400万円で、本市の全小・中学校の学校給食100%有機米が実現できる。

伊藤大輔

秦野市今川町2-15-404

TEL:0463-67-7673

https://respecto-hadano.wixsite.com/home

秦野版の意見広告・議会報告最新6

コロナ禍 緊急時に最優先すべきことは何か!

意見広告vol.4

コロナ禍 緊急時に最優先すべきことは何か!

市民がつくるはだの未来 代表 さとう伸一

11月26日号

コロナ禍 なぜ市役所にこれほどの幹部が必要か?

意見広告vol.3

コロナ禍 なぜ市役所にこれほどの幹部が必要か?

市民がつくるはだの未来 代表 さとう伸一

11月12日号

地産地消と学校給食について

9月定例会 議会報告

地産地消と学校給食について

秦野市議会議員 無所属 伊藤大輔

10月29日号

「コロナ窮地」から救える政治家は誰か!

意見広告vol.2

「コロナ窮地」から救える政治家は誰か!

市民がつくるはだの未来 代表 さとう伸一

10月29日号

古木勝久(3期目)

市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

古木勝久(3期目)

環境都市常任委員会委員

10月22日号

若者・子どもや妊婦さんにまでワクチン接種を推進する行政にもの申す!

高橋昌和の4年間

5つの誓いの取り組みと成果 第1回「中学校給食の完全実施」

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロに学ぶフォトセミナー

【Web限定記事】

プロに学ぶフォトセミナー

観光協会が参加者募集

12月10日~12月10日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook