高津区版 掲載号:2016年9月2日号

数値でみる川崎と高津No.16 シリーズ

政策課題は地域ごとに異なる

川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 川崎市は、人口規模が都道府県と同等の大都市であるだけでなく、地形的にも地域差が大きいという特徴を持っています。

 たとえば、近年、特に影響が大きくなっているゲリラ豪雨や土砂災害対策ということでは、傾斜が急で高低差が大きい崖の崩壊を防止することは、市民の生命と財産を守るうえでも重要な政策課題です。

 下記のグラフは、急傾斜地崩壊危険区域の数を行政区別に示したものです。急傾斜地崩壊危険区域とは、高低差が大きい急傾斜地のうち崖崩れによって5戸以上の住居が被害を受ける可能性のある区域で、神奈川県が指定をしています。これを見ると、川崎市における急傾斜地崩壊危険区域の約半分は、高津区の中に集中していることがわかります。つまり、高津区民にとっては、ゲリラ豪雨や土砂災害対策の重要性が、他区区民よりも一段と高いといえます。

 限られた税金を必要なところに使うためにも、こうした地域差に、どれだけきめ細やかに対応できているのかが、問われています。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

「硬直化」が進む川崎市財政〜2016年度決算

数値でみる川崎と高津No.28 シリーズ

「硬直化」が進む川崎市財政〜2016年度決算

9月1日号

川崎市子ども・若者生活調査結果について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㉓

川崎市子ども・若者生活調査結果について

8月25日号

核兵器禁止条約が国連で採択

市政報告

核兵器禁止条約が国連で採択

8月25日号

ゆきとどいた教育のため少人数学級の拡大を

市長選挙は2/3が棄権〜川崎市における投票率

数値でみる川崎と高津No.27 シリーズ

市長選挙は2/3が棄権〜川崎市における投票率

8月4日号

区役所窓口とバス満員通過の取組み

志高く真摯に市政へ 市政リポート㉒

区役所窓口とバス満員通過の取組み

7月7日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一二回

    高津物語

    「逢えてよかったね ―小原孝と逢える街―」

    9月15日号

  • 高津物語

    連載第一〇一一回

    高津物語

    「玉川砂利鉄道株式会社 第壱回営業報告書」

    9月8日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/