高津区版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

9月に発足した溝の口駅南口笑点街の代表を務める

稲木 一幸さん

下作延在住 41歳

信頼、じっくり笑顔で育む

 ○…「溝口駅というと『西口商店街』や『マルイ側』にスポットが当たる。でも南口側も個性豊かな店が沢山あるんですよ」。南口も一緒に盛り上げたい、そんな意気込みを感じる。そして先月、飲食店や企業、個人が有志で集う「溝の口駅南口笑点街」を発足しその代表に就いた。「銀行で『代表者名』が必要でたまたま自分が…」と冗談めかすが、南口側在住歴約30年、地域への思いは人一倍熱い。「こっちが盛り上がれば面白いなぁって子どもの頃から思っていたんだよね」と笑う。

 ○…発足のきっかけは、今年5月に開催した南口の飲食店と協力したイベント。行きつけのお好み焼き屋の店主に他の店舗を紹介してもらい、週3、4回通いつめ顔を覚えてもらった。「飲食店は営業中じゃないと話ができないから。許してくれた奥さんにも感謝」と笑う。仕事を終えて一度帰宅し、子どもを寝かしつけて再び夜の街へ。帰宅が深夜になっても、朝6時半の家族との朝食の時間は必ず守った。そんな2カ月間を経て店主に心意気が伝わり、6店舗が参加を快諾。イベント後は南口活性化の気運が高まった。「店主から『ありがとね』と言われて心底嬉しかった」

 ○…東京で生まれ9歳の時、下作延に。少年野球、サッカー、中学高校時代はバレーボールに打ち込んだ。大学卒業後は自動車販売会社に勤務。13年間営業を務めた。1件、1件訪問の日々。「毎日足を運び、相手が何を求めているかをキャッチすること」、それが信頼関係の築き方だ。「『稲木君に言われたら断れない』なんて言われるのはやっぱり嬉しい」と醍醐味を語る。

 ○…現在は地元不動産会社に勤務。休日は地域の顔なじみの店で家族と食事し、お祭で神輿を担ぐ。あいさつする人が増え「地元での休日がこんなに楽しいとは」と嬉しい発見だ。「このつながりを少しずつ育てていきたい。一過性ではなく長い目で。子どもが大きくなっても楽しめる街に」

関連記事powered by weblio


高津区版の人物風土記最新6件

下村 弘孝さん

全日本還暦軟式野球選手権大会で2連覇した川崎ドリームの代表を務める

下村 弘孝さん

10月20日号

福士 誠治さん

県内で撮影が行われた映画「じんじん 其の2」に主要人物として出演した

福士 誠治さん

10月6日号

田中 實さん

川崎商議所高津支所主催の経営革新セミナーで講師を務めた

田中 實さん

9月22日号

STEEZ(スティーズ)さん(本名 津雲 勇太)

川崎区で開催、世界最高峰のブレイクダンス・バトル『Red Bull BC One』の日本代表に決定した

STEEZ(スティーズ)さん(本名 津雲 勇太)

9月15日号

水本 一孝さん

プロのオカリナ奏者として秋の文化講座で講師を務める

水本 一孝さん

9月8日号

藤原 忠文さん

7月10日付けで川崎北税務署長に就任した

藤原 忠文さん

9月1日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

どうする!?親の通い介護

どうする!?親の通い介護

11月10日 区役所で講演会

11月10日~11月10日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一七回

    高津物語

    「二子玉川音頭」

    10月20日号

  • 高津物語

    連載第一〇一六回

    高津物語

    「二子亀屋」

    10月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク