さがみはら中央区版 掲載号:2014年7月31日号

リレーマラソン

補給廠で初開催決定

11月「フェスタ」と同会場

 市民の発案から一昨年初めて開催された、チームで総周回を競う「相模原はやぶさリレーマラソン」が、今度は舞台を相模総合補給廠に移して実施されることが決まった。11月1日(土)の潤水都市さがみはらフェスタ2014と同時開催で行う。主催する同実行委員会は、開催を通じて、まちの魅力を発信する市のシティセールスを後押していくと共に、将来的には「フルマラソン」の実現につなげていく考え。「日本一駅に近いマラソン大会」と自負する会場の利便性も手伝って、同マラソンは約4000人規模の催しになる見通しだ。

 同マラソンは、「相模原で市民のフルマラソンを」の名のもと、市のPRを目的に相模原商工会議所らのメンバーが中心となって2012年に実行委員会を旗揚げし、一昨年、12月下旬に相模原麻溝公園競技場で開催された。

 リレーマラソンとは、周回コースをチームでタスキをつなぎながら周回数を競う駅伝スタイルのマラソン。初開催時には1800人超が参加し、盛り上がりを見せた。ただ、実施をめぐっては、暮れの寒さで参加者のコンディションへの影響などを不安視する声が関係者から上がるなどの問題もあり、見直しが急務だった。

 そこで、昨年は開催時期を比較的暖かい5月、9〜11月に設定して日程を調整。会場の選定については、JR相模原駅の目前で利便性が良いことや返還の機運が高まっていることなどを理由に、補給廠での開催を見据えて協議を進めたものの、見通しが立たず中止となった。今年こそ開催にこぎつけようと、実行委員会と市は米軍側と再交渉。返還時期など繊細な問題も絡んで難航し、延期されるおそれもあったが、フェスタとの同時開催により、会場となる補給廠を1日限定で間借りする形で決着。開催発表に至った。

 今回はフェスタと同時開催もあって前回の倍以上の参加者を見込む。前回同様、ゲストランナーも招待され、1万mの日本記録保持者で、北京五輪代表の渋井陽子さんと、山梨学院大時代に駅伝大会の優勝に貢献した桜美林大学陸上競技部駅伝チーム監督の真也加ステファンさんが参加。市民ランナーと共に周回する。

 加えて、市制60周年記念事業の位置づけで実施されることも決まった。開催を通じ、今年度中を予定しているはやぶさ2の打ち上げも応援していく。実行委員会では将来的に、相模原の多面的な魅力、シティセールスの可能性を秘めるフルマラソンの実現をめざしていることから、補給廠での開催をその弾みにしていく考えだ。柴田正隆実行委員長は「走っても、応援しても楽しい、フェスタにはブースのラーメンもあり、さらに楽しい。そんな様々な面で楽しい大会をめざします。『日本一駅から近いマラソン大会』にぜひお越しください」と話した。

チーム&親子で参加を

 同マラソンは、2人〜8人によるチームで5時間走るリレーと、5歳から小学生以下の子どもの親子2人1組で1・6Kmを走るマイルランの2種目がある。参加費はリレーが2人〜4人チームは一人4500円、5人〜8人チームは一人3500円、親子マイルはペアで2000円。定員はリレーが600組3000人、親子マイルは400組800人を予定。リレーの参加者にオリジナル大判タオル、親子マイルの参加者は「はやぶさ」で使用している宇宙用熱制御フィルムによるメダルがプレゼントされる。

 参加希望者はURL(http://runnet.jp)にアクセスし、大会エントリーページから申し込みを。締切は10月7日(火)。問合せは同事務局【電話】042・730・2300(月〜金の午前10時〜午後4時)へ。

今回のゲストランナー
今回のゲストランナー

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

整備活動でW(ダブル)受賞

道正山(どう しょう やま)るーたんの森

整備活動でW(ダブル)受賞

1月19日号

上溝、商店街大賞に輝く

西門オブジェ 改修へ一歩

青学3連覇  地元も応援

観光ツアー  1千通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1千通り準備

1月5日号

4月暫定供用めざし着工

(仮)南北道路

4月暫定供用めざし着工

1月5日号

見学随時受付中

60歳以上のお元気な方から要介護5の方までご入居できます

https://www.carehouse.kashokai.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/