さがみはら中央区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

プロ野球 ドラフト会議塩見選手(区内出身)ヤクルト4位に50m5.8秒 即戦力で期待

スポーツ

1年目からの活躍が期待される塩見選手=JX-ENEOS提供
1年目からの活躍が期待される塩見選手=JX-ENEOS提供
 区内出身で、現在社会人野球JX-ENEOSに所属する塩見泰隆選手(24)が、10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから4位で指名を受けた。塩見選手は「走攻守」で光る外野手。球団からは即戦力として期待される逸材で、地元では相模原の新たなスターの誕生に期待が高まっている。

 塩見選手は179cm、77kgで右投げ右打ち。星が丘小学校から中央中学校へと進み、中学時代は中学硬式野球チームの強豪・海老名リトルシニアで活躍。県内の古豪・武相高校を卒業後は帝京大学を経て、社会人野球の名門・JX-ENEOSへ進んだ。類まれな身体能力に恵まれ、特に50mを5・8秒で走り抜ける抜群のスピードは大きな武器。今季は公式戦で打率・281、5盗塁を記録するなど安定した成績を残している。

 ヤクルトの公式ホームページでは、塩見選手に対して「走攻守、三拍子揃った外野手。守備範囲が広く、打撃はリストが強くパンチ力もあり、1年目からのレギュラー奪取に期待」と高い評価を与えている。弊紙の取材に対して塩見選手は「目標はヤクルトの山田哲人選手ですが、まずは自分の武器でもあるスピードを生かして活躍をします。海老名シニア在籍中、昭和橋で何本もダッシュを行い、地道な練習の成果が今につながったと思います。プロに進んでもその心を忘れずに頑張っていきます。これからも応援宜しくお願いします」と活躍を誓った。

「宇宙人みたい」

 中学時代、塩見選手を指導した海老名リトルシニアの飯塚良二監督は、当時からその身体能力に一目置いていた。「当時のチームは全国8強に進出するなど選手も揃っていたが、中でも足は速かった。ある意味宇宙人みたいだった」と話す。

 飯塚監督によると、塩見選手は大学時代にもプロを志したが、度重なるケガもあり断念したという。「社会人に進み人間的にも成長したと思う。ケガをせず日の丸を背負う選手になって欲しい」と期待を寄せた。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

米で日本の魅力プレゼン

弥栄高生徒23人

米で日本の魅力プレゼン

11月16日号

給付型奨学金創設へ

相模原市

給付型奨学金創設へ

11月16日号

市、ブラジルに高校生派遣

小林消防士長が最優秀賞

県安全運転競技大会

小林消防士長が最優秀賞

11月9日号

市PRへ インスタ開始

小山地区に信号機新設

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リレー講演など盛り沢山

リレー講演など盛り沢山

11月23日 宇宙フェスタ

11月23日~11月23日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク