逗子・葉山版 掲載号:2017年8月25日号

病に負けず900Km走破 社会

中学2年、大原慎人さん

広島平和記念公園に到着し、父寛昭さんとポーズを決める慎人さん(右)=写真は提供=
広島平和記念公園に到着し、父寛昭さんとポーズを決める慎人さん(右)=写真は提供=
 年間10万人に数人が発症するとされる「1型糖尿病」と診断された横浜国立大学附属鎌倉中学2年の大原慎人(まなと)さん(13)=逗子市=が夏休みを利用し、逗子から広島までの自転車旅を実現させた。5日間、体調管理をしながら父と挑んだ約900Kmの旅路。「糖尿病でも普通の人と同じように過ごせると伝えたい」。そんな思いを糧にペダルをこぎ続けた。

逗子〜広島間 自転車で

 1型糖尿病は免疫反応の異常などで血糖値を調整するインスリンが膵臓で作られなくなる病気。生活習慣に起因する2型と違い、10〜20代の若者に突然発症するケースが多い。

 慎人さんが発症したのは小学5年生の10歳のとき。突如めまいと吐き気に襲われ、1型糖尿病と診断された。「何で僕が…」。突然の事に落ち込み、「もう皆と同じ生活はできないのかな」と不安に駆られた。

 そんな思いを変えたのは、1型糖尿病の患者で組織される米国のプロ自転車チーム「チーム ノボ ノルディスク」の存在。父、寛昭さん(39)の影響で自転車を趣味で始めたばかりで、国内大会に出場した同チームの応援に駆け付けた。自分と同じ病気でも他の選手と熱戦を繰り広げる選手の姿を目の当たりにし、「カッコイイな。僕もあんなふうになりたい」と憧れを抱くように。いつしかプロ選手になってチームの一員になることが夢になった。

 祖父母が暮らす広島への旅はその第一歩。先月29日早朝に逗子を発ち、入念に体調管理をしながら1日約12時間、160〜180Kmをひた走った。静岡、三重、和歌山、フェリーで徳島に入り、しまなみ海道を経由して広島へ。猛暑による疲れで血糖値が下がることはあったが、大きなトラブルもなく祖父母や妹、友人が待つ広島平和記念公園に辿り着いた。「たくさんの人が応援してくれて、最後まで走り切ることができた」と慎人さん。最後の2日間、同チームのジャスティンモリス選手と一緒に走ることができたのも励みになった。

 次の目標は、同チームが15〜18歳のジュニア選手を対象に米国で行う合宿に参加すること。現在藤沢市の自転車チームに所属し、練習に励んでいる。

 プロ選手になることともう一つ、慎人さんには夢がある。「『大丈夫、糖尿病でもちゃんと生活できるよ』って僕と同じ病気の人たちを勇気づけられる自転車の選手になること」。挑戦はまだまだ始まったばかりだ。

関連記事powered by weblio


不動産活用の新提案

ウスイホーム設計・施工の高齢者施設。9月23日・24日に完成披露会

http://www.usui-home.com/housing/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク