藤沢版 掲載号:2014年6月20日号

藤沢市

待機児童数 県内最多に 社会

前年度からは19人減

 藤沢市の待機児童数(2014年4月1日時点)が、市町村別で神奈川県内最多であることが6月6日、県の発表で明らかになった。前年度比19人減の258人だったが、13年度に最多だった川崎市を抜いて、県内2位からワーストとなった。

 藤沢市が14年度に待機児童数県内最多となったのは、川崎市が前年度比376人減の62人と大幅に減らしたためだ。

 市保育課によると、川崎市などの政令指定都市は予算の規模が大きいことに加え、保育所の認可権を持っているため、施設の新設が迅速に行える。そのため県との調整や認可が必要な他の市町村と比べ、需要拡大への対策結果が早く表れやすい面があるのだという。

 藤沢市では待機児童解消のため09年度に保育所整備計画を策定し、施設の新設や認可外保育所の認可化を進めてきた。さらに近年の保育ニーズの増加を受け、13年度からは計画を修正。「緊急保育対策2カ年計画」として施設の整備を行い、13年度中に市内の保育所定員を前年度比73人増の5155人としていた。14年度も鵠沼や湘南台、明治など保育所ニーズの多い地区で優先して施設の整備を進め、15年度春ごろまでに約400人の定員増を目指している。

 同課は「藤沢は交通の便がよく、子育て世代人口の流入が多い傾向にある。そのため今後も保育所需要の増加が予想されるが、可能な限り入所待ちの期間を減らし、必要な市民に供給が行き渡る体制を整えていきたい」と語った。

藤沢版のトップニュース最新6件

髪から始める就活対策

藤沢市マイスター事業

髪から始める就活対策

1月20日号

喫煙禁止区域を拡大

藤沢市

喫煙禁止区域を拡大

1月20日号

火災死者7人 救急は最多

電子母子手帳を導入

藤沢市

電子母子手帳を導入

1月13日号

4135人が成人の門出

玉屋食堂 50年の歴史に幕

グリーンハウス2階

玉屋食堂 50年の歴史に幕

1月6日号

関連記事(ベータ版)

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

山本容子の銅版画展

山本容子の銅版画展

人気作約60点 17日まで

10月28日~12月17日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク