藤沢版 掲載号:2015年2月20日号

藤沢総合高校

長後を舞台に短編映画 教育

商店街や住民が後押し

「未経験のことばかりで苦労も多かったけれど、達成感がある」と生徒ら
「未経験のことばかりで苦労も多かったけれど、達成感がある」と生徒ら
 藤沢総合高校(増渕広美校長)の有志が、長後を舞台とした短編映画『帰路』『ぬくもりの世界』の2作品を制作し、2月28日(土)に長後商店街会館(長後707)で完成披露試写会を行う。午後2時開演。参加無料。

 長後商店街協同組合は2012年度から国の地域商店街活性化事業を受けて、街の映画館『キネマ長後』の開催や映画制作を実施。商店街のPRや郷土愛を育むための活動を行ってきた。14年度は「世代間交流になれば」と同校に打診し、高校生主体の映画が誕生した。

 短編映画を手掛けたのは同校の2、3年生10人。昨年9月から商店街店主や住民に街の歴史やエピソード、名所を紹介してもらい、11月からは2グループに分かれて撮影を開始。放課後や冬休みを利用して、2月中旬に2作品を仕上げた。

 ほぼ全員が映画制作の経験は無かったが、シナリオ作りから演技、演出、撮影、編集まで、すべて生徒らで行ったという。機材の取り扱いや編集方法などは、湘南市民メディアネットワークの中野晃太さん(27)がサポートにあたった。

 『帰路』は、長後駅で発生した事故を受け、高校生が悩みや将来への不安と向き合う青春群像劇。『ぬくもりの世界』は、引きこもりの青年が不思議な少女と長後の街をめぐるファンタジー風の作品。シナリオを手掛けた森田夢理歌(ゆりか)さん(3年)は「物語の世界観を共有するのが大変だった」、佐藤彩莉さん(2年)は「長後の人の温かみが伝わるように作った」と話す。

本格的な機材を使っての商店街ロケ
本格的な機材を使っての商店街ロケ

藤沢版のトップニュース最新6件

髪から始める就活対策

藤沢市マイスター事業

髪から始める就活対策

1月20日号

喫煙禁止区域を拡大

藤沢市

喫煙禁止区域を拡大

1月20日号

火災死者7人 救急は最多

電子母子手帳を導入

藤沢市

電子母子手帳を導入

1月13日号

4135人が成人の門出

玉屋食堂 50年の歴史に幕

グリーンハウス2階

玉屋食堂 50年の歴史に幕

1月6日号

12月は洋蘭フェアー

オリジナリティーあふれるアレンジ・寄せ植えいたします。

http://chisanchisho.enopo.jp/flower-nouen/534-fujisawa-youran.html

みぎた歯科医院は日・祝日も診療

歯周病の治療や小学生の歯列矯正など様々な治療が受診できます。

https://mdc-6476.jimdo.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

植物染めの編み物展

植物染めの編み物展

「夢工房」で22日まで

12月1日~12月22日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク