藤沢版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

森林で間伐を体験羽鳥中生徒らが奉仕活動

社会

炎天下での伐採に取り組む参加者たち
炎天下での伐採に取り組む参加者たち
 森林保全ボランティア活動を通じ、身近な自然環境への関心を高めてもらおうと、市民による「青春の旅・森林ボランティア実行委員会」は藤沢市と協力し、8月9日、神奈川県立21世紀の森(南足柄市)で、竹林の伐採活動を実施した。

 学校、家庭、地域の三者が連携し、子どもたちの環境学習促進などに取り組む、藤沢市の「明治地区青少年ふれあいネットワーク」事業の一環。同事業では、森の木々の豊かな生育のため、一部の木を間引く間伐体験会を続けている。

 当日は、羽鳥中学校の生徒や保護者ら32人が参加。インストラクターから保水効果など森林が果たす役割を学んだほか、なたの使い方の指導を受け、1時間ほど、炎天下での伐採に汗を流した。同校野球部の部員たちも多く参加しており、同委員会は「体力があり、疲れを知らない若者たちの働きで、うっそうとした森林が次第に明るく開けていった」と話す。

 参加者はその後、伐採した竹を使用し、かたつむり型の置物作りなどの工作も体験。生徒らからは「暑かったけど、楽しかった」などの声が上がった。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

加古さんに巌谷小波賞

加古さんに巌谷小波賞

児童文芸の最高峰を受賞

11月14日~12月10日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク