秦野版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

「37年間、ありがとう」

経済

イトーヨーカドー秦野店が閉店

イトーヨーカドー秦野店入口には、市民から多くのメッセージが寄せられた(3月4日)
イトーヨーカドー秦野店入口には、市民から多くのメッセージが寄せられた(3月4日)

 秦野市大秦町の総合スーパー「イトーヨーカドー秦野店」が3月5日の午後8時、37年の歴史に幕を閉じた。1月18日から展開された閉店セールには多くの人が来店し、2月末以降は駐車場が一時、満車になるほどだった。

 同店は1979年11月、全国92店舗目のイトーヨーカドーとして、スーパー「アブアブ赤札堂」の跡地に開業した。3階建て、売場面積約4960平方メートルの大規模な総合スーパーは当時では珍しく、同店の看板に描かれた大きな鳩マークは、秦野の街並みの中で目立っていたという。

 秦野市落合在住の田代茂夫さん(66)は、アブアブ赤札堂の頃から、当時の仕事でテナント訪問をするため、この場所によく足を運んでいた。「ヨーカドーが開店したときには、1週間は行列ができていた。その頃は大きな建物も秦野駅前に1つあるくらいで、『都会のお店が来た』という印象を受けたのを覚えています」と振り返る。

 同店を利用していたのは、秦野市民だけではない。中井町井ノ口に住む伊藤美枝子さん(71)は、神奈中スイミングに通う息子の送り迎えや、秦野駅周辺に用事がある際に、よく同店に立ち寄っていた。伊藤さんは当時を振り返り、「秦野駅南口ができる前は、ヨーカドーの前が駅への通り道だった。家族でファミール(3階にあった食堂)に行ったり、おもちゃ売り場で息子にスーパーファミコンを買ったこともある」と懐かしそうに語った。

惜しむ声やまず

 閉店前日の3月4日。満車で入れない駐車場の前に、多くの自動車が並んでいた。

 同店に30年以上勤めた吉田勝美さんは、寝装品の担当から、各階のサービスカウンターを担当。サービスマネージャーも務めた。吉田さんは笑顔を浮かべ「秦野店のお客様は気兼ねなく話しかけて下さる方が多かったです。毎日のように顔を合わせる中でお客様同士がお友達になったこともあったようです」と話した。

 店を訪れた市内在住の女性(60)は「ヨーカドーは品物が良い。私は目が悪いので、店内が明るくてとても助かった。買い物で出会ったおばあちゃんたちは皆泣いているよ。嘆願書を書く、と言っている人もいたね」と閉店を惜しんだ。

 閉店セールの開始に合わせて入り口に設けられたメッセージボードには、来店客から閉店を惜しむ声が壁一面を埋め尽くしていた。「ヨーカドーがなくなるとさみしいよ」「子どもの頃、屋上にあった遊園地で遊んだことが懐かしいです。たくさんの思い出をありがとう」「学生時代にバイトしました。お金を稼ぐ大変さを教わり、先輩に恋しました。青春の場所です」

 親会社のセブン&アイ・ホールディングスの広報センターによると、「閉店後の土地・建物の利用については未定」だという。
 

開店当時のイトーヨーカドー秦野店
開店当時のイトーヨーカドー秦野店

関連記事powered by weblio


運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

http://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6件

運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

https://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然を遊ぶ、秋のつどい

自然を遊ぶ、秋のつどい

くずはの家 10月28日、29日

10月28日~10月29日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク