青葉区版 掲載号:2011年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

30周年を迎えた緑国際交流協会「MIA」の会長 小島 康宏さん 緑区在住 69歳

海を越えて輪をつなぐ

 ○…各自で料理を持ち寄るポトラックパーティ、生け花教室、お花見、各国の料理教室など、青葉区・緑区を中心に活動する多国籍の人々らの交流会「MIA」。留学生の自国紹介から始まったこの活動が先日、30周年を迎えた。発起人である本人も「まさかこんなに続くとは」と驚くほど。「互いの気持ちを伝え合うことで、肩肘張らない付き合いをしてきたお陰かな」。長年続く秘訣を語る。

 ○…働き盛りの20代のとき。会社に休暇届を出し、一念発起してアメリカを訪れた。日本の電車に冷暖房が整備されていない時代、冷房の効いたバスに乗った衝撃は今でも忘れられない。隣人と頻繁にポトラックパーティを開くホストファミリーの姿に、「人生を楽しむ術を知っている」と感動した。誰でも受け入れ、自分の意見を伝えるアメリカの文化。「小さなことにとらわれるな」、そんな精神を教わった。帰国して10年後に脱サラ。翌年、念願の「異文化交流会」を結成した。

 ○…緑区の農家に生まれる。「山に囲まれた田舎の横浜だったよ」と懐かしむ。勉強よりも、畑を手伝うことが当たり前の時代。それでも母親の実家が貿易商を営んでいた影響で、世界に興味を持った。「世界地図を常に広げる中学生だった」と笑う。一番の憧れは「アメリカ」。日本との文化の違いを知りたいと英語を猛勉強。「ラジオの英会話講座を必死に聞いていたな」。少年時代に夢中になった夢が今の原動力となる。

 ○…30周年記念式典では、留学中に世話をしたメキシコ人夫妻が自国から駆けつけてくれた。祝いの手土産は『緑国際交流協会30周年記念』と漢字で記された絵皿。「漢字で書く、その気持ちが嬉しいね」と誇らしげだ。「お互いの違いを受け入れ、学ぼうとする気持ちが大切」。価値観や文化の違いを感じ、意見を伝えることが日本に必要だと感じる。「今後は若い世代の国際交流活動を支援したい」。次の世代に期待を込める。
 

つよく、ただしく、のびのびと

豊富なカリキュラムで子どもの可能性を引き出します

http://www.yokohamasakura.ac.jp/index2.html

桐蔭学園幼稚部 来年度園児募集

9/6(木)、20日(木)見学会・給食試食会※WEB予約制。詳細はHPで

http://toin.ac.jp

ナザレ幼稚園

自然、愛情、文化との出会いを大切にし、未来に希望を持って生きる力を育みます

http://shion-gakuen.ed.jp/nazare/

成功体験溢れるみたけ台幼稚園

自己受容・自己発揮・他者支援ののびのび教育。未就園児親子の交流も盛んです!

http://www.kidslink.jp/mitakedai/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

小泉 幸夫さん

新荏田連合自治会長に就任した

小泉 幸夫さん

8月30日号

黒沼 勤さん

あざみ野商店会協同組合の新代表理事としてあざみ野まつり成功に向け尽力する

黒沼 勤さん

8月23日号

金子 大さん

国際ロータリー第2590地区の2018-19年度ガバナー

金子 大さん

8月16日号

鈴木 智夫さん

「横浜市アマチュア無線非常通信協力会」の会長を務める

鈴木 智夫さん

8月9日号

西 貞義さん

優良団体として「府県等表彰」を受けた山内公園ラジオ体操会の代表を務める

西 貞義さん

8月2日号

小出 弘子さん

横浜あざみロータリークラブの会長に就任した

小出 弘子さん

7月26日号

本決算ファイナルセール!

8月31日まで展示家具、インテリア雑貨が最大50%オフ

http://www.hayamagarden.co.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

版画で「宇宙の華」表現

版画で「宇宙の華」表現

はやぶさ2の講演も

8月19日~9月9日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月30日号

お問い合わせ

外部リンク