青葉区版 掲載号:2011年12月22日号
  • googleplus
  • LINE

JA田奈 新本所、まもなく完成 業務開始は、新年1月10日(火)から

経済

ガラス張りの外観が目を引く新本所
ガラス張りの外観が目を引く新本所

 青葉区と緑区の一部を基盤とする「田奈農業協同組合」(以下JA田奈・井上英雄代表理事組合長・田奈町52の8)。建て替え工事が進む同JAの本所が、まもなく完成。新年1月10日(火)から、新本所を使っての業務が開始される。

 同工事はJA田奈本所の横を通る、県道140号川崎町田線(通称こどもの国通りの一部)の拡幅工事に伴い行われているもの。本所のほか現在、5月末の全体オープンに向けた工事も続けられている。

 新本所は、地上2階地下1階建(建築面積約1070平方メートル)。田奈地区の水田をイメージした、モダンなデザインとなっている。「組合員の長年の要望がかない、建て替えることができました」と加藤博文総務部長は話す。

「田奈恵みの里」の拠点も整備

 JA田奈は1995年から、横浜市の農業振興策である「恵みの里」事業に参画。本所内に事務局を置き、「味噌づくり教室」「農体験」「農産物直売」などを行ってきた。

 今回の工事に伴い、これらの事業の発展と継続のため、本所の隣接地に「恵みの里」施設の建設を計画。JA田奈敷地内にあった昭和初期の農業倉庫を移築・再生した「農産物直売所」(約210平方メートル)のほか、味噌づくりや料理教室に使える「交流施設」(約220平方メートル)、営農支援のための施設「ミニライスセンター」(約195平方メートル)が整備される。一般の利用は、来年5月からを予定。また、本所や交流施設などの屋上部分には、太陽光発電システムを設置。発電量は80kW/hで、1日の電力使用量の半分をまかなえるという。

 「組合員でないと農協を利用できないと思っている方もいるので、(1月以降)新しくなった農協や、(全体オープン後)恵みの里施設に遊びに来てください」と加藤部長は話す。
 

「JA田奈」と「恵みの里」全景
「JA田奈」と「恵みの里」全景

つよく、ただしく、のびのびと

豊富なカリキュラムで子どもの可能性を引き出します

http://www.yokohamasakura.ac.jp/index2.html

桐蔭学園幼稚部 来年度園児募集

9/6(木)、20日(木)見学会・給食試食会※WEB予約制。詳細はHPで

http://toin.ac.jp

ナザレ幼稚園

自然、愛情、文化との出会いを大切にし、未来に希望を持って生きる力を育みます

http://shion-gakuen.ed.jp/nazare/

成功体験溢れるみたけ台幼稚園

自己受容・自己発揮・他者支援ののびのび教育。未就園児親子の交流も盛んです!

http://www.kidslink.jp/mitakedai/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

全区への設置完了へ

認知症支援チーム

全区への設置完了へ

8月30日号

過去最高の全国6位に

市ケ尾高校ダンス部

過去最高の全国6位に

8月30日号

刷新で喫食率向上なるか

ハマ弁

刷新で喫食率向上なるか

8月23日号

公と民で子育てイベント

「国マガ」続けて50号

求人サイトで中小企業支援

横浜市

求人サイトで中小企業支援

8月16日号

本決算ファイナルセール!

8月31日まで展示家具、インテリア雑貨が最大50%オフ

http://www.hayamagarden.co.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

版画で「宇宙の華」表現

版画で「宇宙の華」表現

はやぶさ2の講演も

8月19日~9月9日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月30日号

お問い合わせ

外部リンク