青葉区版 掲載号:2012年8月16日号
  • googleplus
  • LINE

地域の魅力を紹介する藤が丘地区センターの自主企画事業『街のパティシス』幹事長 小笠原 弘さん もえぎ野在住 70歳

生きがいは地域にあり

 ○…「定年男性が地域で居場所を見つけ、生きいきと活動できるように」。昨春、こんな思いで仲間を誘い立ち上げた、地元の魅力を伝える企画『街のパティシス』。人気洋菓子店店主、写真愛好家、消防署出張所長など毎月ゲストやテーマは幅広い。60、70代らの仲間と街の情報を語らい、企画を考えるのが楽しいひと時だ。「人が集い、街が元気になる仕掛けが必要」。70歳を迎えたが、街への思いは膨らむばかり。その第一歩が「街のパティシス」となった。

 ○…システムエンジニアとして海外を飛び回り、定年で帰国。60歳の時、地域での居場所を求め、藤が丘地区センター職員になった。引退する昨春までの3年間は館長を務め、”住民と作る地区センター”を志した。正面入口で、毎年冬に花が咲くヒマラヤ桜を通じた交流企画は思い出深い。”ヒマラヤ桜の地区センター”として、より地域に愛される拠点となった。「小笠原さん」と、わんぱくだった子が社会人となって、会いに来てくれたことも多かった。もえぎ野の自宅から歩き通った8年間。地区センターは、「私のもう一つの家でした」

 ○…予定のない日は、散策へ。季節の移ろいを探し求め、自宅から寺家ふるさと村までゆっくり1時間。美しい景色に心休めた後は、街の話題スポットに足を運ぶ。「街のパティシス」の立ち上げ以来、街の情報は敏感に。ビールで話題の店、マルシェ、ギャラリー。現場に行けば、出会いがあり、新たな情報も聞ける。「この自然に生まれるつながりが楽しくて、元気になる」

 ○…人が集う「パティオ」と旅人の憩いの場「オアシス」をかけて仲間と作った造語”パティシス”。「人を集め、街を元気に」。パティシスにかける思いを伝えるべく、「仲間と地域の地区センターに行ってみたんです」。活動に賛同してくれ、来月以降美しが丘とあざみ野で開催できることに。広まり、深まるパティシス。活動のフィールド、生きがいはすべて地域にある。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

山口 真広さん

3月18日にフィリアホールでソロリサイタルを行うピアニストの

山口 真広さん

2月15日号

下山 和洋さん

しらとり台自治会の会長で「犯罪のない安全・安心まちづくり功労者表彰」を受けた

下山 和洋さん

2月8日号

酒井 沃子(ようこ)さん

15周年を迎える演奏会「65歳からのアートライフ」を開催する

酒井 沃子(ようこ)さん

2月1日号

吉村 春美さん

青葉区民生委員児童委員協議会会長として2月2日に講演会を開催する

吉村 春美さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

田中 綾さん

「市が尾 トコトコ スタンプラリー」を企画する

田中 綾さん

1月11日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク