青葉区版 掲載号:2013年5月23日号
  • googleplus
  • LINE

4月から山内図書館館長に就任した 古川 たか子さん 51歳

本と歩む「実りある」毎日

 ○…現場スタッフとして働いていた頃と変わらず、山内図書館のキャラクターが描かれたエプロンを愛用し現場に立つ。「スーツよりエプロンが一番落ち着く」と微笑む。長寿、子育ての街「青葉区」。館長に就任し、地域特性に合った図書館運営の意識が高まる。中でも若者の本離れは自身の大きなテーマ。中高生向けのコーナーを改革。年頃に合った本や職業本を充実させ、「魅力ある図書へとリニューアルしました」。市内18館唯一の女性館長。目配り、心配りで「どの世代にも応えられる」図書館を目指す。

 ○…茨城県出身。図書館司書の道を選んだのは高校生の時。県内高校で1、2位の蔵書数を誇る高校で「文学集全巻を読みつぶして」。図書館が自分の場所になった。現・筑波大学情報メディア系卒業後、大学図書館や夫の仕事で渡米し、小学校ボランティア司書を経験。「図書館と授業の連携が強い海外教育の魅力を感じました」。帰国後、10年から山内図書館へ。「本が大好きで様々な年齢、世代が訪れる地域の図書館を選びました」

 ○…子育て中は毎晩欠かさず読み聞かせをした。「親子で感動し合える絵本が大好き」。図書館に絵本を求めに来る親子を見ると「微笑ましい光景。自身の子育て時代を思い出します」。フル回転の日々。休日はどの部屋にも本がある自宅での読者や庭仕事、寺家ふるさと村散策でホッと一息つく。

 ○…「開発で変わりゆく青葉区の歴史を学びたい」。山内図書館で働き始めた頃から、歴史の紐解きに尽力。郷土史資料コーナーを担当し、大山街道を歩く会、開発を振り返る講演会を企画した。「歴史資料は待っていても入手できない」。資料の名前を辿り積極的にアプローチ。多くの出会いを実らせた。昨年は開館35周年記念で学生とあざみ野の昔の姿を展示する模型を製作。「図書館から新たな地域連携を見つけていきたい」。大好きな本に囲まれた図書館から、地域を見つめる。

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

元藤原歌劇団所属で、教え子とともにフィリアホールでゴスペルコンサートを開く

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

3月29日号

朝香 好平さん

NPO法人「神奈川県転倒予防医学研究会」の理事長として、高齢者の元気づくりに取り組む

朝香 好平さん

3月22日号

嶋田 千秋さん

横浜市内で初めてなでしこリーグ1部に参戦する日体大FIELDS横浜のキャプテンを務める

嶋田 千秋さん

3月15日号

皆川 幸成さん

「ビーコルセンター」をセンター北駅前に開設した(株)五人侍の代表取締役を務める

皆川 幸成さん

3月8日号

糸川 史生さん

自然災害復興支援チャリティーコンサート「あおばカノン2018」の旗振り役を務める

糸川 史生さん

3月1日号

臼田 欣也さん

すすき野で32年間人形劇公演を主催する

臼田 欣也さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク