青葉区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

桐蔭学園サッカー部 14年ぶり選手権へ 県決勝、PK戦制す

スポーツ

優勝を喜ぶ桐蔭学園の選手
優勝を喜ぶ桐蔭学園の選手
 桐蔭学園高校が第96回全国高校サッカー選手権県2次予選で桐光学園高校をPK戦の末に破り、14年ぶり9度目の優勝を果たした。桐蔭は県代表として1月2日、等々力陸上競技場で奈良県代表の一条高校と対戦する。

 桐光は過去2年連続で敗れている因縁の相手。試合は桐蔭が持ち前のパスサッカーでボールを保持する展開だったが、0対0で前半を折り返す。後半に入ってもこう着状態が続くかと思われたが、桐蔭の主将、DF原川凌太朗君が2枚目のイエローカードで退場となる苦しい展開。相手より1人少ない状況となったが、原川君からキャプテンマークを引き継いだ金子大樹君を中心に延長戦も守り切った。100分の激闘をスコアレスで終え、勝負の行方はPK戦に。先攻の桐蔭は1人目のキッカーを務めた金子君を含め、5人全員が成功。一方、桐光は5人目に登場した主将の田中雄大君がゴールを外し、0対0(PK5対4)で桐蔭の優勝が決まった。

 チーム事情から1、2年生中心のチームと3年生中心のチームに分かれていた桐蔭。今回優勝した3年生チームはBチームの扱いで練習環境に恵まれず、当初は選手権への出場自体も危ぶまれていたという。指揮を執った蓮見理志監督は優勝に際し、「色々な人に支えてもらってここまで来れた」と感謝。その上で「チームが一つになるのも大変な時があった」と話し、苦労の中でも結束し、ねばり強さを発揮して結果を出した選手を褒め称えた。

 厳しい状況の中でもチームをまとめてきた原川君は、PK戦まで戦い抜いた仲間に「本当にありがとう、という気持ち。チームメイトは宝物」と万感の思いを込めて語った。本大会初戦は累積警告で出場できないが、「全国制覇を目指してやっていきたい」と力強く話していた。

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月15日号

まち整備で魅力づくり

荏子田美しが丘

まち整備で魅力づくり

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

ラリーで市ケ尾再発見

相馬さん(美西小3年)が最優秀

かながわ夢絵コンテスト

相馬さん(美西小3年)が最優秀

2月1日号

詐欺防止ソング初披露

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク