青葉区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

詐欺防止ソング初披露 元石川高生 地域でライブ

文化

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

 民間企業や大学、地域との協働に力を入れる県立元石川高校(岡部佳文校長)。「音楽を通して地域と関わりたい」と、生徒が2月2日に美しが丘のコミュニティカフェ「3丁目カフェ」でライブを開催する。「地域貢献」を掲げ、振り込め詐欺防止を呼びかけるオリジナル曲も披露する。

 出演するのは同校の軽音楽部の生徒ら5団体20人。今回はボランティア委員会の4人が結成する地域貢献型パフォーマンスグループ「More」=写真=が参加。社会問題を歌やダンスで啓発しているという同グループが、振り込め詐欺防止のために作ったオリジナル曲を披露する。卒業生で音楽活動をしている椛島恵美さんが作曲し、同グループの水口海希(みき)さん(1年)が中心となって作詞したもの。昨年の夏から制作を始め、1月に完成したばかりの新曲だ。「身近な手口を歌にしているので、歌詞をしっかり聞いてもらいたい」とメンバーの齋藤千夏さん(1年)。同じくメンバーの小池海優(みゆ)さん(1年)は「耳に残るメロディーなので、万が一、振り込め詐欺の電話がかかってきた時に思い出してもらえたら」と話す。水口さんは「80年代の曲なども披露するので、様々な世代の人に楽しんでほしい」と意気込みを語る。

「得意」を生かし活性化へ

 ライブは生徒自身が興味のある分野で企業や地域との協働を探る、同校のコラボレーション同好会が企画。岡部校長は「自分たちが楽しむだけでなく得意なことを生かして地域の方に喜んでもらい、活性化につながれば」と開催趣旨を語る。3丁目カフェの大野承さんは「高校生に活動の場を提供できるのは有意義で嬉しいこと。地域とともに活動し、地域の力を上げていこうという考えも共感できる」と話す。また「若い世代や父兄にもこんな店があると知ってもらう機会になれば」と期待を寄せる。

 ライブは午後5時30分開演。入場無料だが1ドリンクの注文を。(問)同店【電話】045・516・8037

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook