青葉区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

3枚目のアルバムをリリースしたジャズシンガーで、地元でライブ活動を行う 黒田 ナオコさん 藤が丘在住 49歳

「出逢い」糧に 日々邁進

 ○…スウィングにボサノバ、そしてバラード。定番の名曲たちを詰め込んだ自身3枚目のフルアルバムを「集大成」と評する。「ちょっと心の余裕が出てきたかな」。ステージに段差がほぼなく、フラットな空間で楽しめるジャズの魅力は、大規模なクラブでも地元の飲食店でも同じ。「ジャズを聴くのに知識はいらない。お茶でも飲みながら楽しんでもらえたら」と軽やかに微笑む。

 ○…物心ついた頃から歌が好き。5歳でピアノを始め、中・高とオーケストラ部でチェロを担当。合唱コンクールでは指揮者を務め、全パートを歌って指導するなど「音楽行事ではりきる子」。ジャズを始めたのは都内の商社に勤めていた頃。気軽に習いに行った初日にプロのバンドの生演奏で歌い、その魅力に惹きこまれた。誘われるままステージを経験、気づいたら会社を辞めて講師になり、百人もの生徒を抱えたことも。その後渡米し、バークリー音楽大学で本格的にジャズを学んだ。

 ○…「コネなし、金なし。出逢いだけなの」。プロを目指したのは出産後のこと。「大変な育児の中で『自分』を持っていたかった」。生半可では続けられない、何としても仕事にする。固い決意のもと週末の夜に夫に娘を託し、ジャズクラブに売り込みに通った。馬鹿にされて追い返されても「やっている時は夢中」。横浜のクラブは全て回り、やっと1軒ステージに立ってからは、他の店からも声がかかるように。1つの出逢いで道が開けると肌で感じ、家事に育児に奔走しながら駆け抜けてきた。

 ○…現在は自宅で指導も行う。中学生の娘には「頑張っていれば結果がついてくる。そんな姿をみせたい」と願う。夢は「青葉区が若い才能が生まれる、文化の土壌になること」。ジャズを通し、その可能性を広げていく。

青葉区版の人物風土記最新6件

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

4月25日号

大野 晶尚(あきひさ)さん

今春、青葉警察署長に着任した

大野 晶尚(あきひさ)さん

4月18日号

加々美 寛子さん

NPO法人の理事として、転倒予防教室を100回開催した

加々美 寛子さん

4月11日号

藤田 みささん

FMサルースでお馴染み、ラジオパーソナリティとして30年を迎えた

藤田 みささん

4月4日号

山田 暢久さん

元日本代表で、4月に開幕するイトゥアーノFC横浜の監督に就任した

山田 暢久さん

3月28日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月21日号

ボディエンス

たまプラーザに6/9グランドオープン

https://www.bodience.com/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子育てイベント初開催

ラフェリーチェ

子育てイベント初開催

家庭内の悩み相談も

5月2日~5月2日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク