青葉区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

日本の政治を機能させる 世界の大転換期に日本が進むべき道 自由民主党参議院比例区支部長(前横浜市長)中田 宏

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena

 私は、残りの人生を「日本と国民のために政治の現場で働こう」と決意し、自由民主党の参議院全国比例区支部長に就任し、活動をはじめました。

 28歳で衆議院選挙に初当選してから27年。衆議院議員を4期、横浜市長を2期務めた後、直近5年はテレビ出演や講演、ユーチューブ「中田宏チャンネル」で言論活動を行ってきました。その私が今回なぜ政治の現場に戻ろうと決意したのか、考えをお伝えします。

 世界はすでに大転換期に突入しています。グローバリゼーションやITが日本にも大きな影響をもたらし、今後はAIの進展によって、経済や生活はさらに変化していきます。日本もその劇的な変化に対応するためには各国の後追いではなく、主体的に動いていく必要があります。

 そのような状況の中、国内政治で醜い足の引っ張り合いをしている場合ではありません。今こそしっかりとした政治を行い、経済や地方自治、教育、福祉を将来に繋げていくために、変革の具体策を実行していく必要があります。

 例えば、日本国憲法の改憲議論においては、憲法の理念を守りつつ、矛盾を改めていくことが重要です。外交では、米中の覇権争いが激しくなる中で、日本は自由を守るために自由主義陣営の一員としての役割を果たさなければなりません。日米同盟は日本外交の基軸ですが、より対等にしていく必要があると考えます。

 これまで私は言いにくいことも言ってきましたし、これに対して時に批判に晒されることもありました。それでも、大いに議論を促し、10年、20年後、そして50年後の日本が、しっかりと力強く歩める基盤を作ることが必要だと考えています。どんなに良い考えや議論が活発でも、それを政治が決定していかなければ意味がないと常々思います。政治の役割とは、「決めるべき時に決めるべきことを決める」に尽きます。政治が機能して、役割を果たしていくために力を尽くして参ります。

 いま54歳の私は、民間企業ならば定年間近というところです。残りの時間の中で、1つでも2つ3つでも、いや4つも5つも6つも、日本の課題を解決していくために頑張りたいと思います。
 

中田宏事務所

http://nakada.net/

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

県域での新型コロナ対策

県域での新型コロナ対策

自民党 県議会議員 内田みほこ

5月14日号

1人10万円の給付金申請に備えを

市政報告【9】

1人10万円の給付金申請に備えを

横浜市会議員 田中ゆき

5月14日号

コロナ相談、救急相談も専用窓口へ‼

市政報告【8】

コロナ相談、救急相談も専用窓口へ‼

横浜市会議員 田中ゆき

4月9日号

「国民の命を守る対策を。」

新型コロナ感染爆発の重大局面

「国民の命を守る対策を。」

4月2日号

市長はカジノIR誘致をストップし、新型コロナウイルス対策に尽力すべき!

青葉区の声をカタチに!

「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

青葉区の声をカタチに!

公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク