青葉区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

奈良の丘小学校学援隊の発起人で、12年間通学路に立ち続ける 平野 英利さん 奈良在住 82歳

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena

児童の笑顔が元気の源

 ○…児童の登校を見守る奈良の丘小学校学援隊の活動を2007年から始め、手押し車を使う今もほぼ毎日通学路に立ち続ける。「以前、低学年の子が登校しながら泣いていたことがあってね。声を掛けたら『遅くなって、遅刻しちゃうから行きたくない』っていうんだ。だから、校門まで一緒に行ったら笑顔を取り戻して、『おじいさん、ありがとう』って言われてね。そういうことがあると、辞められないよね」と活動のやりがいを語る。

 ○…学援隊発足のきっかけは、地域の老人会の会長をしていた時に、地元の自治会長から見守りを要請されたのがきっかけ。老人会のメンバーに声をかけ、有志で学援隊を立ち上げた。昨年3月には横浜市教育委員会から活動の表彰を受けた。腰を悪くして代表は退いたが、「生きがいみたいなものだからね。これからもずっと続けていくよ」と優しく語る。

 ○…栃木県出身。父や兄が教師をしていたこと、そして中学時代の担任が熱心な人で「悩みがあると自宅で一晩中でも話を聞いてくれた」ことに感銘を受け、自身も教師をめざすようになり、都内の大学に進学。神奈川県の教員採用試験を受け、川崎市内の中学校で長年教鞭をとってきた。「学校が荒れていた時代もあってね。胃に穴があいたこともあったよ」と振り返るが、教師として歩んだ人生に悔いはない。今も教え子の同窓会に呼ばれることが多く、「続けてきてよかったなって思う」と笑顔で語る。

 ○…奈良に移り住んで20年。好きな言葉は「忠実」。執筆好きで過去には新聞の投稿欄に何度も採用されたというエピソードも。「今は子どもたちの笑顔が一番の元気の源。学援隊の活動は米寿までは続けたいね」。一度決めたら忠実に。意志のこもった笑顔だった。

青葉区版の人物風土記最新6

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月28日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月14日号

横澤 孝泰さん

今年4月に開校した神奈川県立あおば支援学校の初代校長に就任した

横澤 孝泰さん

恩田町在住 59歳

4月30日号

小澤 明夫さん

新しく青葉区長として着任した

小澤 明夫さん

港南区在住 58歳

4月16日号

櫻庭 嘉洋(よしひろ)さん

3月26日付で青葉警察署の署長として着任した

櫻庭 嘉洋(よしひろ)さん

青葉区在住 58歳

4月9日号

宰田 充人さん

6年半にわたり青葉区の交通安全に尽力し、この3月で警察官を退職した

宰田 充人さん

市内在住 60歳

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク