青葉区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

さつきが丘地域ケアプラザの秋まつりに出演する「劇団さつき」代表を務める 加藤 一郎さん 美しが丘西在住 71歳

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena

人に役立つ芝居を魅せて

 ○…振り込め詐欺を分かりやすく寸劇にし、被害撲滅を目指す「劇団さつき」。活動拠点のさつきが丘地域ケアプラザでの出演を前に「会場全体に声が届くよう一生懸命いいものにしたい」と語る。今回は新たに歌舞伎に挑戦し、「白浪五人男」の名台詞を披露する。盗みは盗みでも、義理人情に厚い、江戸時代の盗賊たち。「独特な言い回しや衣装も楽しんでもらえれば」。チームワークを大切に「自分が楽しんでやっている」と笑顔を見せる。

 ○…青葉区住民ら有志で昨年5月に発足し、地域イベント等で振り込め詐欺の啓発寸劇を行ってきた。台本作りや出演のほか、「日曜大工が趣味で、作るのが楽しい」と小・大道具作りまでこなす。「詐欺被害を一人でも減らしながら、もっと演目も増やしていきたい」

 ○…静岡県で育つ。写真が趣味で、自宅でフィルムの現像までしていた父を見て自身もカメラ好きに。小6の時、「写真コンテストで賞がもらえたのが嬉しかった」という記憶は色あせることなく、写真を学ぶため専門学校へ。上京中の学生時代に米舞台「ウエスト・サイド物語」の来日公演を見たときの衝撃は今も忘れない。「俳優がかっこよくて」と影響を受け、授業が終わると新劇の練習に通うようになり、公演も行った。「面白かった」が、卒業後は年齢を重ねた親元へ戻ろうと静岡でカメラマンに。約40年、婚礼写真を中心に撮り続けてきた。

 ○…自身の退職を機に子どもたちの近くに住もうと約10年前に青葉区へ。夫婦一緒に人形劇を手作りし、地域の子どもたちに披露する、おしどり夫婦だ。劇団さつきで役を演じる今、長年どこか内に秘めていた芝居への思いは現実に。「人の役に立てる芝居をしたい」。観る人を守るヒントを送る劇団を目指す。

三浦ブランド認定 斉藤菓子店

和菓子職人が作る三浦産野菜と果物を使った毎日食べたいおやつ「三浦ベジタブル」

http://saitokashiten.com/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

志駕晃(しがあきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕晃(しがあきら)さん

横浜市在住 57歳

2月20日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

2月6日号

目崎 剛さん

青葉区小中高生ミュージカルの脚本・演出を手掛ける

目崎 剛さん

川崎市在住 32歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月23日号

山戸 伊久保さん(本名:山戸康子さん)

青葉区三曲協会の会長に昨年末、就任した

山戸 伊久保さん(本名:山戸康子さん)

美しが丘在住 68歳

1月16日号

佐藤 果南さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

佐藤 果南さん

都筑区在住 20歳

1月9日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

三浦ブランド認定 藤水フーズ

わかめと海苔を練りこんだ海藻麺。食物繊維やビタミンが豊富で美容と健康に効果的

http://kaisoubijin.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

福島を知る写真展

福島を知る写真展

鴨志田町のウチルカで

2月22日~3月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 懸命のアピール合戦

    〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

    懸命のアピール合戦

    2月20日号

  • 社会で生きる個性を育てる

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】

    社会で生きる個性を育てる

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク